FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (117)
   -  教育分野  (32)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (76)
 モンゴル文化  (8)
 モンゴル情報  (42)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2019年 04月 【2件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

おいでませ♡ ~見ずに語るなチョイル~


文と写真=山中絢加(やまなか・あやか)
平成24年度1次隊 青年海外協力隊
職種=小学校教諭 活動地域=ゴビスンベル県チョイル


我が任地ゴビスンベル県は、首都ウランバートルから230km南東に位置している。県内にはチョイル、シュエーゴビ、バヤンタルの3つの村があり、5540㎢の土地に5千世帯・約1万6千人が住んでいる。1994年の国民大会議の決議により設立された、比較的新しい県だ。

~チョイルの評判 BYたまたま会ったモンゴル人たち~
「水が悪くて体を壊す」「木が無い」「生活が厳しい」「砂」「何も無い」・・・。

いやいやちょっと待って、ちゃんと来た事ないでしょ!いいとこだからね!
・・・ということで、ガイドブックにも載っていない、チョイルの激レアな観光名所トップ5をチョイル隊員が紹介しま~す!


5位 列車駅

中国からロシアまで走るモンゴル横断鉄道の駅。鉄道の一番安い席(ハトー)に座って、モンゴル人との出会いを楽しみながら旅をするのも乙なもの。
長旅に疲れたら我がチョイル駅で一服してはいかが?最近は発車時間が意外と正確なので、まず何分停まるのかを聞くのが正解。

20140214_choil_01.jpg

列車がなければ、線路の上でこんな写真も撮れちゃう。
20140214_choil_02.jpg
怒られたら素直に謝ろう。



4位 ウキウキ♪おもちゃタウン

チョイルは元々、ロシア軍の駐屯地及び中国との経由地として栄えた街である。ロシア軍撤退後は当時より物も減り生活が厳しくなったという声も聞く。人口が減った分の建物には人がおらず寂しい印象を与えていたのだが、去年の夏、廃墟だった建物の修繕に加えペンキの塗り替えが行われた。
見よ、この色とりどりの建物を!

20140214_choil_03.jpg
モンゴルカラー、イチゴケーキ、不自然な緑。

だれが、何の目的でこのような色をチョイスしているのか謎は深まる一方だが、確かに砂一色の大地に映える。雪景色にもなかなか趣あり



3位 解放動物園

チョイルでは、犬、猫、色々な鳥、牛などの割と一般的な動物だけでなく、ゾラム(鳴きネズミ)、砂ネズミ、親子ブタなどが街中でごく普通に見られる。
中でもおすすめはこちら、
20140214_choil_04.jpg
ラクダ

街中を我が物顔で闊歩するモコモコ冬ラクダと記念撮影してみては?ただし、11月以降の冬のラクダは発情期で興奮しているため、追っかけられる。予想以上に足が速いので噛まれないように注意が必要。また少し街から離れると、野生のウサギやガゼルの群れ、鷹などに出会えることも。

余談ですが、先日ホームパーティー前に家で小さい毛皮を発見。近寄って絶叫。テレビの下に、ネズミが!!!白くてふわっふわでした・・・共存もできる?!



2位 実はあるぞ!雄大な自然&遺跡

チョイル市内の海抜は1269mと周辺地域よりも500m程低い、草原とゴビ砂漠がミックスされた地域である。平らな大地にぽこっと出ているのはチョイル山。

20140214_choil_05.jpg

チョイル山のふもとにはチベット仏教の寺院もあり、参拝する人が絶えない。山から2kmほど離れた所には天然の湧き水も。
また文化財保護隊員によると、歴史的に超重要な突厥時代の遺跡も出ているそうな。(「チョイル 石人 突厥」で検索してみて下さい。)
特に私が好きなのは、チョイルの空。夏は天井があるようなポコポコ雲、嘘みたいな夕焼け、どこまでも続く地平線(山が殆ど無いからね)に青空、夜は一面の星空と見飽きません。
説明は不要、とくとご覧あれ!

20140214_choil_06.jpg

20140214_choil_07.jpg

20140214_choil_08.jpg



1位 チョイル都会説

何を隠そう、チョイルは只今激変真っ最中。まず、週に1〜2回だったお湯が、3〜4回出る様になったこと。
インフラの急成長には目を見張る。

このような道にも・・・

20140214_choil_09.jpg

何と道路が!

20140214_choil_10.jpg

今まで街に道路が一本しかなかったことが嘘のよう。そして昨年サインシャンドまでの道路が通ったことから、チョイル初の

20140214_choil_11.jpg

信号と横断歩道が!!!豚肉やベーコン、白菜だって(時々だけど)手に入るようになった。分かるかなぁ、この喜び。生活しやすくなったぞ~!こうなったらもうチョイル都会まっしぐら。

確かに物が揃わなかったり、停電や断水、水屋から水の購入等不便なことも多々あるが、街を歩けば知り合いだらけ。一歩外に出ればあやか~!せんせ~い!と声がかかる小さな村なため、モンゴル人のあたたかさが存分に味わえる。

今回紹介した他にも、ネルグイさんというロシア軍人の銅像や、お洒落?な銀行も。
そして実は本当の一番は隊員宅!田舎隊員、人が来たら総出で心のこもったあつ~~いもてなしをいたしますよ。

ぜひみなさま、チョイルにおいでませ♡

20140214_choil_12.jpg



タグ : 隊次:24-1 地名:ゴビスンベル県チョイル

 ホーム