FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (111)
   -  教育分野  (28)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (70)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (41)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●モンゴル料理●●

文と写真=河原礼佳(かわはら あやか)
2017年度3次隊 青年海外協力隊
職種:料理 活動地域:ドンドゴビ県マンダルゴビ



 Сайн байн уу?(サェン バェノー=こんにちは)河原礼佳です。今回はモンゴル料理についてお話したいと思います。まず少しだけモンゴル料理のご紹介コーナー。ハーイ(‘ω’)ノ

 ということで、まず料理に使う羊肉を準備しましょう。
① (1)

そうですね~。ここからですね~。まず解体しますね。そして骨を外しますね。肉を挽き肉(手切り)にして作る料理は3種類あります。

②

■Бууз(ボーズ)/(写真上)モンゴルの蒸し餃子
 小麦粉(主に中力粉)に水を入れてこねます。水の量は生地が耳たぶ位の固さが目安です。生地がまとまったら少し休ませます。中身の具材は挽き肉に、塩・胡椒で味付けし、薄く小さく伸ばした生地に包み、蒸し器でグォオオオーと蒸します。作る人によって少し玉ねぎを入れたり、醤油で味付けしたりと様々です。

■Банштай шөл(バンシュタイ シュル)(写真左下)モンゴルの水餃子のスープ
こちらはБууз(ボーズ)よりサイズは小さく、包み方も少し違います。なのでБанштай(バンシュが入った)Шөл(シュル=スープ)という名前になります。
スープは肉と野菜が入ったスープ、またはСүүтай цай(スーテイ ツァイ=茶葉を湯で沸かし、牛乳・塩・バターで味付けしたもの)に入れて食べることが主流です。

■Хуушуур(ホーショール)/(写真右下)モンゴルの揚げ餃子
 ホーショールも基本的な作り方は、Бууз(ボーズ)・Банш(バンシュ)と同じですが、油で揚げるため形を平らにして作ります。


続きまして、

③

■Цуйван(ツォイワン)
Бууз(ボーズ)の生地をうす~くまる~く伸ばし、一度フライパンで焼きます。それを細く切って、肉や野菜と炒めて醤油で味付けします。モンゴルの焼きそばと言いましょうか・・。

④

■Шарсан мах(シャルスン マハ)/(写真左)
■Чанасан мах(チャナスン マハ)/(写真右)

・Шарсан мах(シャルスン マハ)は「焼いた肉」という意味。基本的には羊肉を使いますが、牛肉を使うこともあります。
・Чанасан мах(チャナスン マハ)は「茹でた肉」という意味。こちらはモンゴルを代表する伝統的な料理になります。香辛料は使わず塩だけで茹で、ナイフで削いで食べます。ワイルドだろ~!もちろんゆで汁も飲みます。

Шарна(シャルン)かЧанана(チャナン)。焼くか茹でるか。
あなたならどちらを選ぶ?( ´∀` )

 ということで、まだまだモンゴル料理をご紹介したいのですが、ここで私自身が感じたモンゴル料理について自問自答したいと思います。ハイッ
⑤


((その1))なぜ野菜をあまり食べない、苦手が多い?
 -モンゴル人の生活は馬と家畜に支えられ、家畜を育むのは牧草であり、モンゴル遊牧民は大地を尊重している。だから畑を耕さないから野菜がなかった。(厳しい気候ということもあります)ということらしいです。そのため野菜に接する機会があまりなかったため、野菜をあまり食べないという食文化になったみたいです。

((その2))なぜモンゴル料理は油の量が・・摂取量がすごい?
 -冬が長く最低気温-40度にもなる国なので、寒さに負けない蓄え大事でしょ!!と思ってます。それもあるかもしれませんが、特に油が多い料理は冷めにくい、保存が効くということも。家畜を綺麗に食べつくすこともここの食文化に大切なこと。

((その3))どうしてドンドゴビ県(私がいる場所)は牛肉高い、鶏肉高い、豚肉高い?めちゃ高い・・
-ドンドゴビ県は南の地方なので、砂漠地帯でありモンゴルをイメージする大草原はありません。たくさん草を食べる牛さんより、羊さんやヤギさんのほうが家畜しやすい。ここ数年で中国やアメリカから鶏肉が多く入ってきた影響もあり、牛肉の値段が上がったことも。
 鶏・豚は元々放牧されていなかった。(設備や人の世話が必要)ブタさんは水浴びする習性があるため、放牧に適さない。

((その4))どうしたら野菜料理を食べてくれる?
-強制はしません。(笑)時間のかかることだと思います。ここの環境や歴史と共に生まれた食文化ですので。

⑥


日本を離れる前に、「モンゴルの風になります!」と言って来ましたが、砂が目に入って今はまだ逆風ですね(笑)

でわでわ、失礼いたします( ´∀` )

タグ :

 ホーム