このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (109)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (68)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (38)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

モンゴルの美術

文と写真=山田惇史(やまだ・あつし)
2017年度1次隊 青年海外協力隊
職種:小学校教諭 活動地域:セレンゲ県スフバートル


みなさん、こんにちは。2017年度1次隊の山田惇史です。私は現在、セレンゲ県スフバートル市の1番学校にて、図工・美術の授業を教えています。私がモンゴルに来てから、約半年が経とうとしています。今回は私がモンゴルに来て感じた、モンゴルの美術について書きたいと思います。
■モンゴルの美術作品
 ウランバートルには、大きな美術館やギャラリー、美術の学校がいくつかあります。そういったところを観るのが大好きなので、活動が休みの期間に、色々と観てまわりました。そこでモンゴルの様々な作品を観て感じたことは、圧倒的に『馬』と『大自然』をあらわした作品が多いということです。日本でいう、『鶴』と『富士山』のようなものかなと思います。モンゴル人にとって、馬と自然がいかに暮らしの中で大切なものか、作品からもよく伝わります。また、『チンギス・ハーン』等の、歴史上の偉人の肖像画もかなりたくさんあります。現在の日本では、こういった歴史上の偉人の絵を描く人はほとんどいません。
 しかし、モンゴルでは、若い画家や、小学校の子どもでさえチンギス・ハーン等の偉人の絵をよく描いていました。歴史的人物への尊敬の念が、とても根強く残っている国なのだと感じました。
 私が観て、個人的に面白い作品があった美術館、ギャラリーをいくつか紹介します。時間がありましたら、ぜひ足を運んでみてください。
 
【Art Gallery of Union of Mongolian】
定期的に様々な企画展示を行っています。アート教室も併設してあり、アート系のお土産屋もあります。
【Mongolian National Art Gallery】
モダンアート系の作品展示をしています。作品数も比較的多いギャラリーです。
【ザナバザル美術館】
モンゴルの有名な芸術家・ザナバザルの作品が展示されています。他にも、チベットの  仮面舞踏のツァムの衣装展示や、様々な画集等も置いてあります。


yamada_2018_01_19_1

Art Gallery of Union of Mongolianの企画展示。絵画だけでなく、立体の作品もたくさんあります。


yamada2018_01_19_2

Art Gallery of Union of Mongolian併設のアート教室。内装がおしゃれです。

■モンゴルの作品素材
 絵や立体等の作品に使われる素材には、その国の特徴がよくあらわれます。日本は、紙の文化の国と言われています。そのため絵を描く際の素材としても、昔から和紙が多く使われています。逆に西洋の国では、油絵の作品が多いため、古来からキャンバスに描かれてきました。では、モンゴルの作品素材というと、革や厚手のフェルトに描かれた作品が多くあります。ザハ(市場)等でも、大きな革やフェルトが、比較的安く手に入ります。多くの家畜を保有するモンゴルならではの素材・技法なんだなと思いました。

yamada2018_01_19_3

配属先の美術の先生の作品。厚手のフェルトに焼き入れをして、アクリル絵の具で着色をする、モンゴルの絵画技法だそうです。



■モンゴルの図工・美術の授業
少し私の活動を紹介したいと思います。私は現在、小学校のクラスで、週に18時間の図画工作の授業を教えています。モンゴルの子どもたちは図工の授業はとても好きなようで、いつも一生懸命制作に取り組んでいます。今までのモンゴルの図工・美術の授業は、教科書の作品をそのまま模倣したり、制作手順に沿って、作品をつくらせたりする指導がほとんどだったようです。私が参観した他の先生の授業でも、そんな感じの授業が行われていました。
しかし、現在モンゴルの美術教育は、子どもの個性・発想を大切にした指導をすすめていくということが、最も重要視されています。子どもたちは、お手本を見ながら制作をする方法で指導されてきたため、自分でテーマを決めて、色や素材を選んだりするのが苦手な子もいます。私が授業を始めて3ヶ月程経ちましたが、私が配属先に来たときより、少しずつですが子どもたちの作品が自由な雰囲気になってきた様子が見られます。子どもが自分の力で考えながら、楽しく作品をつくることができる授業をしていきたいです。

yamada2018_01_19_4

キリル文字を使った、名前のデザインの授業。

■図工・美術のサークル
現在私は、授業とは別に課外活動として美術のサークル(ドゴイラン)を週に小学生に2時間、中高生に2〜4時間ずつ教えています。教員は私だけでなく、中高の美術の先生と一緒に指導をしています。授業ではできないデッサンや、技能的な指導を中心として行っています。サークルに来ている子どもたちは図工・美術に対する関心がとても高く、熱心に学んでいます。高校生の中には、日本の美大に興味がある生徒もいるので、日本の美大の授業の様子や、進路について紹介したりもしています。サークルの時間は私も一緒に絵を描いたりして、楽しい時間が過ごせています。

yamada2018_01_19_5

中・高生の美術サークル。プロジェクターを使って、空気遠近法の指導をしました。



タグ : 隊次:2017-1 地名:セレンゲ県 職種:小学校教育

 ホーム