FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (118)
   -  教育分野  (32)
   -  医療分野  (15)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (77)
 モンゴル文化  (8)
 モンゴル情報  (43)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●モンゴルゲルについて●●

文と写真=谷口圭太郎(たにぐち けいたろう)
2016年度3次隊 青年海外協力隊
職種:手工芸 活動地域:フブスグル県ムルン


 こんにちは。私は現在、フブスグル県ムルンで手工芸隊員として活動しています。私の住んでいるフブスグル県はモンゴルでも最北部に位置し、ロシアと接している極寒の県です。また、フブスグル湖という大変美しい湖があり、夏には国内外から多くの観光客が訪れる観光地としても有名な場所です。海のないモンゴルですが、実はかつてモンゴル海軍というものが存在したそうで、その活動を行っていたのがこのフブスグル湖だったとの事です。実際に、モンゴルの人々はこの湖の事をДалай(ダライ、海)と呼んでおり、それくらい大きな湖です。私はこの地域の職業訓練校で、観光客へ向けてのお土産物の開発を指導しています。

 早速ですが、最近モンゴルの移動式住居であるゲルについて調べる事がありましたので、今回はゲルについて紹介します。
 
■ゲルとは
 モンゴル語で「家」という意味になります。皆さんのイメージする遊牧民の移動式住居を意味する事もあれば、家という建物や概念を意味する事もあります。だから、私も皆さんも実はゲルに住んでいるんです(笑)。特にモンゴルの移動式住居の事を強調する時は、「モンゴルゲル」と呼ぶようです。学生の頃、“パオ”とも習ったことがあるかもしれませんが、これは中国語での呼び方ですので、モンゴルの人に対してはゲルといった方がいいかもしれません。
 また、ゲルと言ったら遊牧民の家というイメージかもしれませんが、実際は一戸建てに住んでいる人も敷地内にゲルを建てて家族や親戚が住んでいたり、倉庫として利用したりする事もあります。他にも外で作業をする際に建てておき、休憩したり、食事をとったりもします。

20171124_taniguchi_1.jpg
フブスグル湖に建てられたゲル


写真は今年の3月、フブスグル湖で行われた氷祭りの準備の際、使用していたゲルです。このゲルが休憩場所になっており、食事を作って食べたり、昼寝をしたりしていました。

■ゲルの作り方
 ゲルは、木・フェルト・布・ロープから出来ています。壁面は細い木を組んだ伸縮自在の骨組みで円形に囲い、天井は中心から壁に向かって放射状に細い木を立てかけ、これらの骨組みにフェルトと、布を掛けロープでくくります。2~3人がかりで、組み立てるのに約1~2時間、解体に約1時間。組み立て、解体、運搬が簡単なため遊牧生活には大変適した作りです。

20171124_taniguchi_2.jpg
ゲルの骨組み


■日本でゲルが体験できるところ
 私は学生時代瀬戸内海に面する岡山県に住んでいました。瀬戸内には沢山の島がありその中の一つに直島という島があます。近年、直島は観光リゾート地として発展し、観光客が沢山訪れる島となりました。そのため、沢山の民宿やゲストハウスがあり、その中の一つにゲルに宿泊する事が出来る、つつじ荘があります。私は10年以上も前になりますが、このゲルに宿泊した事があります。ゲルの中にいても瀬戸内の穏やかな波や潮風の音が心地よかったのを覚えています。この時、まさか10数年後、自分がモンゴルで生活しているとは思ってもみなかったです。
つつじ荘HP
調べてみると他にもたくさんありましたが、今回は私の思い出のゲルの紹介をしました。モンゴルに興味のある方やモンゴルが懐かしくなった方はぜひ行ってみて下さい。

■活動について
 最後に私の活動について少し書きます。
私は現在、職業訓練校にて土産物の商品開発の指導を行っていますが、これまでは学校で作ったものを土産物として販売していなかったとの事でした。そこで、実際に販売する事を想定してつくる授業を行い、そこで使用したモチーフがゲルでした。ゲルモチーフはモンゴルのお土産物コーナーに行けば、必ずあるものの1つです。
しかし、本物のゲルに忠実なものが多くあまり代わり映えがしない印象をうけました。そこで、今回は実際のゲルを忠実に再現するのではなく、オリジナルのゲルを作る事にしました。ある程度ゲルの定義は守りつつ、本体・屋根・扉の色や形、ロープの色等自由に決めて作るという事に試みました。モンゴルの学生は自由に作るという事に慣れてないのか、縫い糸の色まで決められない事もありましたが、いくつか作っていくうちに何となく出来るようになってきた気がします。
授業の一環で作っているので、あまり数はありませんが、ウランバートルのお店にも置いてもらえる事になったので、今後進めていきたいプロジェクトの一つです。

20171124_taniguchi_3.jpg
学生が作ったゲルのキーホルダー


タグ : 地名:フブスグル県ムルン 隊次:2016-3 職種:手工芸

 ホーム