このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●モンゴルの医療 ~経験談~●●

文と写真=木本 涼太(きもと りょうた)
2016年度3次隊 青年海外協力隊
職種:理学療法士 活動地域:ウランバートル


1月の極寒、モンゴルに足を踏み入れてから早10ヶ月がたち、2度目の冬にビビリ気味です。
モンゴルがとても寒い国ということは皆さんご存知かと思いますが、気候の特徴として他に
も極端に雨量が少ないということがあります。冬は雪なので、来蒙してしばらくは雨をみることがありませんでした。
■モンゴルで手術!?
あれは寒さも和らいできた4月半ば、、
夜中に突然の腹痛。すぐ治ると思っていたらどんどん痛みが増強。
寝ることもできず朝まで悶絶。
朝にjicaに電話をして病院まで送ってもらいました。
来蒙3か月後、初めて雨を見た朝でした。

鎮痛剤で落ち着いてホッとしていると、カーテンの向こうから医師とjicaスタッフの話し声が。
医師「盲腸ですね。手術しましょう。」
、、、はい。


20171110_kimoto_1.jpg
手術前の1枚



僕自身、病院で活動をしているので、正直かなり不安はありました。



■僕の配属先病院
 僕の活動している国立第1病院は約500床の総合病院です。
リハビリの対象としては整形外科(膝・股関節の手術、腰痛、頚部痛など)、神経内科(脳卒中など)がメインとなっています。数は少ないですが、呼吸器疾患や内科疾患のリハビリも行われており、ICU(集中治療室)もあります。

 病棟の様子を見ていて、患者さんのケアという点において日本との違いを日々感じています。日本では患者さんに担当看護師がつき、医療行為以外にも様々なケア・サポートを行っています。
 しかし、モンゴルでは注射やキズの処置などの医療行為以外はあまり見られません。また、忙しいためなのか患者さんへの対応も冷たいと感じることがしばしばあります。代わりに家族が様々なサポートを行っているために、成り立っているんだろうな~と感じています。
モンゴルでは看護師の数が少ないために、日本ほど手厚い看護は難しいところがあるかもしれません。

 しかし、全体に目がいきわたらないためにリスクの管理も十分にすることはできません。
実際にICU(集中治療室)に入院している患者さんの酸素チューブが抜けていることに気づいていないこともありました。。



■手術後、、
 このような状況を見ていたので、手術・術後どうなるんやろう、、と思っていました。
しかし、僕が入院した病院は外国人向けということもあり?術後のケアもとても充実したもので
した。
担当の看護師さんが毎日挨拶に来て、壁のホワイトボードに医師と看護師の名前を書いて、座るときには声をかけるように言ってくれ、クスリを渡す時はモンゴル語のあまりわからない僕にゆっくり優しく説明してくれました。
食事も3食(流動食、写真参照)出てきて味もまずまずでした。

20171110_kimoto_2.jpg
病院食


そんな優しい看護師さん達のおかげもあり?順調に回復し退院することができました。


■異国での手術
 、、と聞くと怖い感じがしますよね。
実際、日本の医療と比べると不安があるのは事実です。
 しかし、今回の病院では想像以上に看護体制が充実しており、モンゴルでも制度が整っていれば、より良い医療の提供ができると実感することができました。(今回入院したのは私立病院、僕が活動しているのは国立病院であり、制度の幅に制限があり、同じようにすることは難しいと思いますが、、)
看護やリハビリテーションにおいて、スタッフの知識・技術的な問題もあると思いますが、その根幹にあるものをさらに広い視点で見ていけるよう心がけていきたいと思います。



今回の経験はこれからモンゴルで活動する上で、とても有益なものになると思います。
あと1年と2ヶ月、モンゴルの医療に少しでも良い影響を与えることができるよう頑張って
いきたいと思います。



みなさんも日本を離れる際には、体調に気をつけて。





タグ : 地名:ウランバートル市 職種:理学療法士 隊次:28-3

 ホーム