このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●まるっと紹介ドンドゴビ県●●

文と写真=雨宮 百合子(あめみや ゆりこ)
2016年度3次隊 青年海外協力隊
職種:保健師 活動地域:ドンドゴビ県マンダルゴビ


みなさん、こんにちは。私はドンドゴビ県保健局で、保健師として活動しています。モンゴルに来て半年以上が過ぎ、徐々にではありますが、生活にも言葉にも慣れてきたかなというところです。
 さて、私はドンドゴビ県というところで活動していますが、まずみなさんが疑問に思うのは、ドンドゴビってどこだということですよね。ドンドゴビってなんか面白い響きですよね。ドンドゴビ県への青年海外協力隊員派遣は、実は私が初めてとのことです。さらに、あの有名な旅行雑誌である「地球の歩き方」にも載っていない土地でもあり、今回、私の任地であるドンドゴビ県について紹介させていただきたいと思います。


■ドンドゴビ県ってどこにあるの?
 ドンドゴビ県は首都ウランバートルより、南に270km離れたところに位置しています。首都よりバスで約5時間、タクシーで約3時間なので、比較的首都からは近い県という印象があります。ドンドゴビはモンゴルの公用文字であるキリル文字で、Дундговь(ドンドゴビ)と表記し、Дунд(ドンド)は「中央」、 говь(ゴビ)は「砂漠」という意味があり、砂漠の真ん中の県という意味があります。県都はマンダルゴビ市であり、私自身は県都で生活しております。人口は、2016年度では45,515人と少なく、モンゴル国内でも下から数えて2番目の人口順位となっています。

20170929_amemiya_1.jpg
20170929_amemiya_2.jpg
モンゴル国の地図

■ドンドゴビ県の県民性!?
 モンゴルにも、聞く話によると県民性というものがあるらしいです。ドンドゴビ県の県民はとても温和で、困った人がいたら助ける県民性だと聞きました。今回初の派遣隊員ということもあり、とにかく土地の情報がありませんでした。また、インターネットで検索しても、ほとんど情報がなく、派遣前は少し不安でした。そんな県民性があると言われても、本当なのだろうかと疑っていました。自分の目で確かめないと、安心できない、厄介な性格を持ち合わせてしまっているんです(笑)。
 実際、半年以上生活をしてみて、その言葉は正しかったです。困ったことがあると、「何が必要なんだ?」と必ず助けてくれる人がいます。また、田舎特有の人との関係性が密ということもあり、道を歩けば高い確率で知り合いに会い、声をかけてあいさつをしてくれます。任地で日本人が一人という状況ですが、ドンドゴビ県の方々のおかげで、寂しい思いをすることなく、楽しく生活できています。そんなこともあり、とても任地愛が強いと自負しています(笑)。

20170929_amemiya_3.jpg
町で近所のおばあちゃんと話す様子

■ドンドゴビ県の見どころは?
 ドンドゴビ県は、先ほど説明した通り、砂漠の真ん中の県ということもあり、砂漠地帯です。まず、モンゴルと聞くと、見渡す限りの草原にゲルが建っていると連想されるかと思いますが、実は砂漠地帯もあるんです。
 ドンドゴビの見どころとしては、第一にラクダに会えることです。砂漠地方の特権ですね。ちなみに、モンゴルのラクダはフタコブラクダです。冬のラクダはふさふさした毛が生えており、夏になるとその毛が抜けて、すっきりしたラクダに会うことができます。現地の方々からは、「夏のラクダは見た目が悪い。」と聞いたことがあったのですが、確かに冬のラクダの方が可愛いかなと印象があります。
 また、2月または3月には、ラクダ祭りが開催されているらしく、ラクダのレースや、モンゴルの子どもたちのラクダ乗り、さらにはラクダのビューティーコンテストまで開催されているようです。ビューティーコンテストでは、どうやって1位を決めるんでしょうね、大変興味があります。残念ながら、私はまだ見たことがないので、この機会に見に行ってみたいと思っております。

20170929_amemiya_4.jpg
夏のラクダ、冬のラクダ
 
 第二の見どころは、グランドキャニオンに似ていると言われている、「ツァガーンスワァログ」という岩壁です。この岩壁は、風雨などの自然事象によって浸食されてできたと言われています。県都である、マンダルゴビ市から車で約2時間の距離にあり、夏になると、外国からも観光客が見に来ます。モンゴルといえば、草原というイメージですが、こんな雄大な岩壁もあることに驚きました。私も実際に見に行きましたが、その雄大さに、心を奪われました。岩壁を降りて、下からも見上げることができます。下からの景色はその岩壁の岩肌を見ることができるので、ぜひ下に降りて見上げて見ることもおすすめします。ドンドゴビに来た際には、ぜひ見てほしい景色です。

20170929_amemiya_5.jpg
ツァガーンスワァログ
20170929_amemiya_6.jpg
下から見上げた際

いかがでしたでしょうか?少し、ドンドゴビのことを知っていただけましたか?ドンドゴビに行ってみたいと思っていただけたら、とても嬉しいです。そして、いつか「地球の歩き方」に掲載してもらえることを祈ってます(笑)。もし、ドンドゴビに来ることがあれば、素敵な県民の方々と交流をしていただけたらと思います。
タグ : 隊次:283 職種:保健師 地名:ドンドゴビ県マンダルゴビ

 ホーム