このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●モンゴルのテニス事情●●

文と写真=安達 夏美(あだち なつみ)
2016年度3次隊 青年海外協力隊
職種:テニス 活動地域:ウランバートル市


 みなさんこんにちは。テニス隊員の安達夏美と申します。
モンゴルに着任してから、約7ヶ月が経ちました。驚くほどあっという間に毎日が過ぎ去っていきます。気がついた頃には、中間報告の時期になっているのでしょうか・・・。

さて、今回はモンゴルのテニス事情についてお話させてもらいます。
「モンゴルにテニスをする子供たちなんているの?」「冬はどこでテニスをしているの?」などなど、よく活動について聞かれることがあります。今回の記事でモンゴルのテニスについて少しでも知っていただけたらと思います。

■テニスの環境
 モンゴルでは、ウランバートル市とダルハン市でテニスが盛んに行われています。ウランバートル市内だけでも、10箇所以上のテニスコートがあります。意外と多いですよね?
しかし、そのうちの半分は野外コートで、冬になると使えません。私の場合は、冬になると体育館で活動しています。テニス用に作られた体育館ではないので、かなり狭く、壁をラケットで打ってしまうということがよくあります。
体育館での活動の様子
体育館での活動の様子


また、モンゴルでは道具を揃えるのが大変です。
モンゴルにはテニスショップが一軒もありません。そのため、テニスラケットは、海外に行った際に購入したり、たまにザハ(市場)で販売されている中古品を購入したり、海外からの寄贈品を使ったりしています。
テニスボールも同じルートで入手しています。テニスボールはすぐに空気が抜けてしまうため、日本だと3、4回使えば捨ててしまいますが、モンゴルでは空気が抜けても使い続けています。
使い続けるテニスボール
使い続けるテニスボール


それでも練習で使うには限界があります・・・。今後は、物品の確保が課題になりそうです。

■ 生徒たち
 モンゴルの子供のテニス人口は、約140名ほどです。私の配属先では約35名の子供たちが練習に励んでいます。年齢層は6歳から12歳までの男女です。
モンゴルのジュニアレベルは年々上がりつつあります。昨年は、ジュニアのアジア大会において、女子ダブルスで銅メダルを獲得しました。モンゴルでは初めての入賞です。モンゴルのメディアにも大きく取り上げられたようです。
 一方で、私の配属先の子供たちはほとんどが初心者です。赴任した当初は、テニスの指導以前に、ラケットを振り回す子、ボール拾いをしない子、挨拶をしない子がたくさんいました。
なかなか注意をすることができず、子供たちは好き勝手し放題・・・。
どうしたらいいのか、毎日悩んでいました。笑
現在は、ルールを決めることで、少しずつですが改善しつつある・・・と感じています。

元気いっぱいの生徒たち
元気いっぱいの生徒たち


また、子供たちについてよく受ける質問があります。

「モンゴルでテニスをする子供たちは裕福なの?」

・・・実際、裕福な家庭の子が多いと思います。
貸し出しのラケットがあるにも関わらず、高額であるテニスラケットを購入し、持参している様子をみると、割とお金に余裕があるように感じます。
もちろんそうではない子供もいます。ゲル地区近くのテニス教室では、ほとんどの子供たちが貸し出しのラケットを使っています。また、テニスウエアではなく運動着、テニスシューズではなくスニーカーでの練習です。テニス協会の資金も少ないため、テニスラケットはガットが切れたまま、ボールは完全に空気が抜けた状態のものでも使っています。
テニスは、定期的にボールを入れ替え、ラケットのガットも張り替える必要があるため、長く続けるとなると、それなりのお金がかかってしまいます。

物品の話と重複してしまいますが、やはり今後は、技術指導はもちろんのこと、物品等の「テニス環境を整えること」も活動の重点的な課題です。
心が折れそうな時がよくありますが、モンゴルの錦織圭誕生を目指して、めげずに頑張っていきたいと思います。
皆さんも残りの任期、頑張っていきましょう・・・!
以上、今回はモンゴルテニス事情についてのバーサン記事でした。



ゲル地区:遊牧民がウランバートル近郊に移動式住居であるゲルを建て定住生活を行なっている地域
タグ : 隊次:2016-3 地名:ウランバートル市 テニス

 ホーム