このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

モンゴルと日本の違いって何?モンゴルに来て驚いたことは?

文と写真=後藤昭彦(ごとう・あきひこ)
平成28年度1次隊 青年海外協力隊
職種:小学校教育 活動地域:ドルノド県チョイバルサン


 みなさんこんにちは。28年度1次隊の小学校隊員の後藤昭彦です。
 以前チョイバルサンの隊員宅でご飯を食べていた時です。ある隊員の携帯のLINE電話がけたたましくなりました。「やぁ元気?」そんな会話から始まったかと思います。そして、日本にいる友人から「モンゴルどう?何かビックリしたことある?」と聞かれたのです。その場にいる5人の隊員であれこれ考え、モンゴルでのビックリ話を繰り広げました。その時、気づいてしまったのです。初めの頃は「え????!!」と思っていたことも、最近は「まぁぁ、そうだよね」と慣れてしまっている自分に…。モンゴルに来て早1年が経とうとしています。ここらで、モンゴルのビックリ出来事を記録しておきたいと思います。

■食事編
・ミルクティーに塩を入れる。
(モンゴル東の地方:チョイバルサンでは塩を入れません。首都のウランバートルでは、十中八九塩が入っているでしょう。最近は慣れました。)

・肉が無い料理なんて料理じゃないぞ。
(活動先の同僚に言われた言葉です。モンゴルの肉は食べられるようになったか?とよく聞かれます。最近は慣れました。)

・馬乳酒(馬乳を原料とした乳酒の一種。)はカルピスの原型。
(馬乳酒はモンゴルが夏の間にしか飲めない飲み物です。モンゴル人曰く「馬乳酒を飲めばお腹の中のものが全部出て、綺麗になるんだ!最高だろ?」それって、ただお腹を壊してるだけじゃ?自然の下剤というところでしょうか。まだ、飲んだことはありません。)

・家畜の血まで食べる。
(羊1頭をつぶして食べることがあります。モンゴル人は本当に綺麗に食べます。血も腸の中に入れ茹でます。レバーのような感じです。命を無駄にすることなく食べます。)

20170630_goto_1.jpg
家畜の内臓を塩茹でした料理


■文化編
・日本の三味線、お琴に似た伝統楽器がある。
(名前は、шанзシャンツ、ятгаヤタガと言います。馬頭琴も弦楽器、ёочинヨウチンもピアノなどの打弦楽器のルーツなのかもしれませんね。)

20170630_goto_2.jpg
шанзシャンツ


20170630_goto_3.jpg
ятгаヤタガ


20170630_goto_4.jpg
ёочинヨウチン


・言葉の並びが日本語に似ている。
(「食べてみたい」をモンゴル語でいうと,
идэж(イデジ):食べて
үзмээр(ウズメール):見たい
この二つを繋げて、идэж үзмээр:食べてみたい、になります。文法もほとんど同じです。韓国、トルコもほぼ同じそうで、日本語の言語のルーツなのかなぁとも思ってしまいます。別説では、日本語はオセアニアの言語圏という説も…。)

・英語よりもロシア語が身近。
(親しいモンゴル人と別れる時に「バッカー」と笑顔で言われます。それは、ロシア語でさようならを意味するそうです。)

・足を踏んだら握手。
(ルーツはなぜだか分かりませんが、足と足が触れ合ったらすかさず握手をして謝ります。ちょこんと靴がぶつかりいきなり手首を掴まれた時はびっくりしました。)

■生活
・冬の気温は-30℃でも室内は28℃。
(モンゴルの冬はとても厳しい環境です。外気温が毎日-20℃〜-30℃ですが部屋の中はパールという暖房設備があるので、半袖で過ごせます。夜は暑くて窓を開けていました。)

20170630_goto_5.jpg
室内暖房


・糞を燃料につかう。
(モンゴル人が草原で袋いっぱいに何かを詰めている光景を見ることがあります。拾っているのは、乾燥した家畜の糞でした。乾燥しているので、よく燃えるそうです。遊牧民の知恵を垣間見た瞬間でした。)

20170630_goto_6.jpg
チョイバルサンの草原


・女の人の社会参画。
(モンゴルの女性はよく働きます。私の活動先の学校でも、男女比が2:8くらいです。もちろん管理職も女性。街中のお店もほとんどが女性です。街を歩いていると夫のお尻を蹴り上げている女性を見ました。モンゴルの女性は強い。)

・モンゴルの街中で見るのは馬ではなくプリウス。
(時々馬に乗って移動している遊牧民を見かけますが、それ以上に見かけるのが日本の車。特にプリウスです。おそらく日本の中古車がモンゴルに来ているのでしょう。カーナビ画面は日本語です。よくモンゴル人に「何て書いてあるんだ?」と質問されます。)

 以上色々と書きましたが、他にもまだまだモンゴルビックリ体験はありそうです。他の隊員の話もかき集めて、また報告できたら嬉しいです。異文化を楽しもう。

【休載のお知らせ】
バーサンオンラインは本記事をもちまして、今期の掲載を終了いたします。7、8月の休載期間後、9月より隔週で掲載いたします。今度ともよろしくお願いいたします。

タグ : 隊次 281/ 職種 /小学校教育 地名 ドルノド県チョイバルサン

 ホーム