FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (111)
   -  教育分野  (28)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (70)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (41)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●モンゴル母子保健のいろいろ●●

文と写真=米澤祐佳(よねざわ・ゆうか)

平成27年度3次隊 青年海外協力隊

職種:助産師 活動地域:ボルガン県ボルガン


 昨年1月にモンゴルへ来て早17ヶ月、きっと今一番脂がノリノリな時期を迎えております米澤祐佳です。この度、任地以外へ母子保健セミナーに関する出張をさせていただきましたので、ご紹介したいと思います。
 「モンゴルの医療」と言っても、一言ではくくり切れないということに気付かされた出張でした。

20170609_yonezawa_1.jpg
モンゴルの地図

 引用:旅行のとも、ZenTech
http://http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/map/Mongolia/Provinces_Map_of_Mongolia.htm
 
 参考までに、以下の情報を…(県単位の話です!)
 私の任地、ボルガン県は人口約6万人 (鹿児島県鹿児島市の10分の1くらいの人口)、面積48,733 km²(九州よりちょい大きいくらい)つまり、九州に鹿児島市民の10分の1の方々が散らばっているイメージ。分娩数700件/年。ここでどんな医療が提供されているか、想像がつきますか?

■オルホン県エルデネト:地域中核医療センター
 首都から6時間、ボルガン県からタクシーで1時間。人口約9万人(大阪府摂津市くらいの人口)、面積844 km²(大阪府の半分以下!)、分娩数2500〜3000件/年。モンゴルの中では、まだ人口密度が高い方、また、モンゴル第2の都市と言われるだけあって医療も発展していました。私の任地のボルガン県、後述するフブスグル県をまとめる地域中核医療センターというだけあって、専門性の高く勉強熱心な医療者が多かった印象です。
20170609_yonezawa_2.jpg
分娩室の写真:産婦さんが落ち着ける環境づくりがされていて素敵です。


■フブスグル県ムルン:フブスグル県総合病院
 首都から12時間、ボルガン県からタクシーで4時間。人口約11万人(広島県広島市の10分の1くらいの人口)、面積100,629 km²(中国地方の3倍)、つまり、中国地方の3倍の面積に広島市民の10分の1の方々のみが散らばっているイメージ。分娩数2400件/年。ここは、分娩件数は多いですが首都から離れていることもあって私の任地のボルガン県と似たような雰囲気でした。「自分たちで良い医療を提供しなければならない」と努力している様子があり、とてもあたたかい病院でした。
20170609_yonwzawa_3.jpg
母親学級の写真:毎週実施されている母親学級。参加した妊婦さんにはキラキラ星のシールを母子手帳に貼ります。


■ダルハン・オール県ダルハン
 首都から3時間、ボルガン県からタクシーで3.5時間。ここへは、産婦人科の出張というより、看護学生さんの授業をするためにお邪魔しました。モンゴルの看護学校の先生はほとんど医師で、「看護」を教えるのも医師だそうです。日本の看護学校のような、看護師の先生から看護を、保健師の先生から地域看護を、助産師の先生から助産を教えてもらっていたことは当たり前ではなかったんですね。
20170609_yonezawa_4.jpg
セミナー後の集合写真:たくさんの方に参加していただけて光栄でした。


■まとめ
 私が伺ったのは、モンゴルの中でも限られた地域のみですが、提供されている医療が私の任地であるボルガンとも、もちろん日本とも異なっており、また地域によって抱えている問題も異なっていました。(この詳細を書き出すと、とんでもない文章量になりますので、割愛させていただきますが。)私がお伝えできたのは、「日本ではこうしているよ。」「この点はすごくいいと思うよ。気になった点はここだよ。」など、それぞれの医療を見て助言するという本当に小さなことでしたが、誰かの心に届いていればいいなと思っています。
 自分の任地だけで「モンゴルの医療はこうなんだ」と諦めていたことでも、他の地域では難なくそれができていたり、その問題に対して対処法を自分たちで考えられていたり。私自身の今後の活動に大変参考になる出張でした。他から学ぶということは大切なことですね。
タグ :

 ホーム