このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●音楽発表会×よさこい●●

文と写真=高橋 冴(たかはし・さえ)
平成27年度3次隊 青年海外協力隊
職種:音楽 活動地域:ゴビ・アルタイ県アルタイ市


 モンゴルにいる協力隊員の中で最も西で活動している高橋です。
 今回も、私の配属先であるゴビ・アルタイ県第一学校の音楽発表会より、『よさこい』についてお送りします。
 1週間後に迫った発表会。異文化交流による珍事件は続きます。

■音楽発表会に向けて
 モンゴル人は基本、派手好きという印象です。
学校の音楽発表会といえど、本気!もちろん衣装もばっちり作りたい!
先生方や保護者が協力して、衣装を全部手作りする姿には本当に頭が下がります。

 「よさこいの衣装も作らなくちゃ。」と言う同僚に、「よさこいはTシャツに黒のパンツ、その上からハッピを着ればイイよ。」とハッピの写真をいくつか見せ、家庭科の先生とも打ち合わせをしました。
 本番1週間前、「衣装が完成した」というので見に行くと…生地が厚い!ご丁寧に裏地までついてる!打ち合わせの段階で生地についてまで言及しなかった私のミスと反省しました。

ハッピというより『ちゃんちゃんこ』とか袖のない『半纏』みたいでした。

家庭科の先生に、「さえ、どう?」と聞かれました。
20人分のハッピを作り、疲れた表情の先生。しかも本番1週間前。
「これはハッピじゃない。」とはもちろん言えず、「すごくイイよ!大変だったでしょ?本当にありがとう。」と満面の笑みで答えました。
さて、ここからも面白ハプニングがありました。
実際に踊る子たちにハッピの着方を教えている時のことです。
生徒A:「モンゴルでは、帯をココ(右の腰骨辺りを指しながら)で結ぶのがカッコイイの!」
私:「ハッピの帯は真ん中で結ぶの。」
生徒A:「え~。モンゴルではここで結ぶのがイイのに~。」
私:「よさこいは日本のダンスでしょ?」
納得しない生徒、再びよさこいの動画や写真を見せながら、
私:「ほら。みんな真ん中で結んでるでしょ?」
生徒B:「これは日本のだから。」
生徒A、しぶしぶ納得。

生徒C:「ハッピの下は黒の長袖Tシャツでしょ?」
私:「半袖か袖なしがイイよ。色も白の方がこのハッピと合ってる。」
生徒D:「半袖なの!?長袖でいいでしょ~?」
私:「よさこいは夏祭りの踊りなの。夏に長袖着ないでしょ?」
生徒C:「え~。半袖はイヤだ。」
生徒D:「長袖にしようよ~。」
私:「ダメ~。よさこいは夏の踊りだから。」
 その後も本番当日まで、Tシャツは半袖か長袖か、白か黒かの論争は続きました。
 
続いてハチマキ。
1人の生徒が、眉毛が隠れるくらいの位置で結ぼうとしていたので、
私:「日本のハチマキはこうやって眉毛の上で結ぶの。眉の上から真っ直ぐ結んでも良いし、前髪の生え際辺りから斜めにしてポニーテールの下で結んでも良いよ。」と指摘。
生徒A:「え~!モンゴルでは…。」
私:「日本だから!」
 どうやらモンゴルでは頭に何かを巻く際は、ほとんどおでこが隠れるようにするらしく、お年頃な生徒たちにはおでこを出すのは恥ずかしかったようです。

いつもオールバックでポニーテールにしているのに、今更おでこを出すことの何が恥ずかしいのか、私には最後まで解りませんでした。

■4/14、4/16 音楽発表会当日

20170526_Takahashi1.jpg
全員合唱で始まり、全員合唱で終わる。


 学校の音楽発表会と、侮ってはいけません。

14日は4回公演!16日も2回公演!
伝統楽器による合奏あり、モンゴル舞踊あり、ソロでの歌あり、ダンスあり、中高生約300人による盛りだくさんな発表会でした。
自分が教えた生徒たちの出番以外、私は舞台袖や客席から舞台上の様子を眺めたり、撮影したりしていました。その一方で、3人の同僚(音楽科の先生)はずっと動き回り、生徒にゲキを飛ばし、お手伝いの先生方に指示を出し、ホールの人と打ち合わせ…その働きっぷりには脱帽でした。

20170526_Takahashi2.jpg
出番前の舞台上。みんなでパシャリ


20170526_Takahashi3.jpg
もうすぐ出番!舞台上で待機中


 全6回の公演でしたが、最後の最後まで帯の結び方・ハチマキの巻き方に『モンゴル流』を取り入れてくる生徒たち。毎回、無言で結び直してやりました(笑)
 いつもは元気いっぱいな生徒たちも、1日4回公演は徐々に疲れがたまってきているようでした。特に、よさこい以外にも出番のある子は後半、本当に辛そうでした。
 しかし、本番に強いモンゴルっ子たち!舞台上では最後までステキな笑顔で踊ってくれました。

20170526_Takahashi4.jpg
本番!


20170526_Takahashi5.jpg
最後のキメポーズ!


 発表会や演奏会など、何か本番がある度にモンゴル人の底力には驚かされます。

「もっと前々から計画的にやれば楽だろうに…」とは思いますが、間際で一気にやってしまう、それで本番に間に合い、尚且つそこそこ出来ている、そのようなやり方がモンゴル人には合っていて、逆に計画的にやろうとするとダメなのかもしれないと思えるようになった、15ヶ月目です。
残りはたったの8ヶ月しかありませんが、モンゴルに合ったやり方を模索しつつ、音楽に触れて笑顔になる子を増やすため、頑張りたいと思います。
タグ : 隊次 273/ 職種 音楽/ 地名 ゴビ・アルタイ県アルタイ市

 ホーム