このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●音楽発表会×よさこい●●

文と写真=高橋 冴(たかはし・さえ)
平成27年度3次隊 青年海外協力隊
職種:音楽 活動地域:ゴビ・アルタイ県アルタイ市


 モンゴルにいる協力隊員の中で最も西で活動している高橋です。

 モンゴルに来て早15ヶ月…周りのモンゴル人ともようやくスムーズなコミュニケーションが取れるようになってきました。
現在私は、ゴビ・アルタイ県第一学校に配属され、『音楽の先生』として活動中です。
モンゴルでは4年ほど前から日本に倣い、小学校3年生からの音楽の授業にリコーダーが取り入れられています 。
第一学校でも、私が赴任する1年前からリコーダーの授業が行われています。そのため、日々の活動の大半は3~5年生の授業に同行し、同僚に対して教科書にはない楽譜の提供や指導方法の提案です。。

そして第一学校では、毎年4月に学校市の文化ホールを借り、学校を上げての一大イベントであるの『音楽発表会』が催されています。

その準備は新年度初めの9月から始まるのですが、昨年度から校長先生に「日本のダンスを子どもたちにやってもらいたいから、サイハナー(同僚:ダンス専門)と一緒に教えてくれ。」と言われておりました。

■私×ダンス
学生時代を思い返してみてください。
音楽の授業にダンスってありましたか?
そう、ないんです。私には専門外の分野です。。。
自分ができて、尚且つ日本っぽいダンス…と考えた結果 『よさこい』に決定!!
現在では、北海道の『ソーラン節』と融合し『よさこいソーラン』として全国的に有名ですが、元々 『よさこい』の発祥地は高知県。高知県出身の私も、小学生の頃は学校や子ども会で毎年踊っていました。

■『よさこい部』始動!
 高知県庁おもてなし課の方々にご協力いただき、鳴子(よさこいには必須な楽器。両手に持ってカチャカチャ鳴らしながら踊るもの)をそろえ、曲を決め、昨年の10月から8年生(中学2年生)を中心に『よさこい部』がスタートしました。
 「私の郷土の踊りで、毎年、夏のお祭りでたくさんの人が踊ってて、高知県だけじゃなくて他の県にもよさこいチームが存在してて、日本で有名で… 」と拙いモンゴル語で生徒に説明したのですが、ピンとこないのかほぼ反応はありませんでした。
 しかし!最後に言った「よさこいは『良いこと、幸せ来い』って意味なんだよ。」に対しては「へぇ~。すごいね。」「良い踊りなんだね。」等々、たくさんの反応があり、素直に嬉しかったです。

20170519_Takahashi1.jpg
『よさこい』DVD鑑賞。みんな食い入るように見てくれました。


■数々の難関
 練習を始めてみて、「国や地域によって、得意な動きってあるんだな。」と思いました。
 どの国、どの地域の伝統舞踊も日常の動きをモチーフに作られていることのが多いのです。
高知県の伝統舞踊『よさこい』の動きはモンゴルっ子たちにとって難しかったようでした。
 最初の難関は『中腰』でした。

和太鼓・餅つき・薪割り等々で見られる、足を肩幅に開き、軽く腰を落とす『中腰』。
この姿勢を長時間維持するのは日本人でも辛いことですが、日本人なら誰でもなんとなくできるであろう『中腰』がモンゴルっ子たちには難しかったようで…内股だったり、足を開きすぎていたり、そもそも腰を落とせていなかったり…etc…
 『静と動』も難関でした。
動くところと止まるところのメリハリがよさこいの美しさ、魅せ方だと思っている私。
対して、全ての動きを流してしまう生徒たち。一緒に教えている同僚も動きを流しがち。
 これまで見たモンゴル舞踊を思い返してみても、確かにピッ!て止まる動きはなかったように思います。
苦手なんだと認識しつつも、根気よく要所要所で「とまれ!」を言い続けました。

20170519_Takahashi2.jpg
やりきれない中腰


20170519_Takahashi3.jpg
ここキメなのに…


 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 『よさこい部』の珍事件、発表会当日までまだまだ続きます!
 次週、『準備~発表会当日編』も読んでいただけると幸いです。
タグ : 隊次 273/ 職種 音楽/ 地名 ゴビ・アルタイ県アルタイ市

 ホーム