このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●モンゴルに来て感じたこと●●

文と写真=吉川 健剛(きっかわ・けんごう)
平成28年度1次隊 青年海外協力隊
職種:小学校教育 活動地域:ドルノゴビ県 サインシャンド


 岩手県で生まれ、静岡県の小学校で8年間勤務してきました。そして、2016年度から、青年海外協力隊に参加させていただくことになりました。
今回、この記事の依頼を受けて、何を書こうか悩みました。過去の人は、モンゴルの料理や、観光スポット、自身の活動などを記事にしていると聞きました。モンゴルのことについて書いても、過去と同じような記事になったら嫌だなあと思ったので、活動から半年経って自分が今思っていることを書くことにしました。少し長いですが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

■現状
20170210_Kikkawa_1.jpg
図工:折り紙「吹きゴマ」の授業

20170210_Kikkawa_2.jpg
日本のお茶(緑茶)の授業


 2017年1月現在、ドルノゴビ県(モンゴルの南東にあります。)第二学校の小学校の先生を対象に、日本の「子ども中心の授業」について紹介したり、アドバイスをしたりしています。主に小学生を対象に、算数、図工の授業で活動することが多いです。授業を教えるだけでなく、先生達を対象にセミナーを開催して私の授業に対する考えや日本の授業について話をしています。また、中学生を対象に日本語教室を、小学2年生 の学活の授業では日本について紹介しています。活動はたくさんさせてもらっていますが、一番の活動は冒頭で述べた「子ども中心の授業」について教えるということです。特に、今、モンゴルの学校では、日本で実践されているような子ども中心の授業をしようと力を入れています。ですが、活動が始まり、学校の様子やシステムなどを見ていると、モンゴルでは日本のような子ども中心の授業をすることはとても難しいのではないかと思い始めました。
 
■子ども中心の授業って何?なぜ難しいの?
子ども中心の授業とは、言葉の通り、子どもが主役になって行う授業のことです。教師はあまり話しません。子どもの発言をそのまま引用したり、子どもが活動したりして授業を展開していきます。ですので、時間がたくさん必要です。
しかし、モンゴルでは日本に比べると一年の間に一人の子どもが勉強する授業時数が少ないという現状があります。 長期休みが約半年、一日の授業は午前もしくは、午後の半日で終わってしまいます。また、教える内容も多いです。私が日本の小学生ならば『モンゴルは休みが多くて羨ましいなあ、でも一日にたくさん覚えることがあると勉強は大変だなあ。』と思うことでしょう。授業時数が少ないことは、日本のような子ども中心の授業をすることを難しくしていると思うのです。
ちなみに、モンゴルでは、民主化が進む前までは、教師主体の授業が続けられていたそうです。それが、民主化に伴って、子ども中心の授業を導入しようということになったそうです。

■それでも活動は続く
そのような現状から、モンゴルの先生の授業はまだまだ教師主体の授業が多いと感じています。子ども中心の授業を導入しようというのも最近始まったばかりで、先生達もよく知りません。また、授業時数が少ない上に、教える内容も多いわけですから、それは仕方がないことだと思います。
しかし、それを言い訳にしたら、日本の子ども中心の授業をいつまで経っても伝えることはできません。なので、地道に授業をして現地の先生に見てもらったり、セミナー開催を繰り返したりしています。その中で、私は、「教える内容をしっかり把握して、子ども中心のスタイルで行う授業にするのか、教師主体の授業にするのか、授業の内容をよく考えて、精選することが重要なのではないか」とモンゴルの先生達に伝えています。

■熱心な先生達を見て
20170210_Kikkawa_3.jpg
授業の大会でがんばる先生①

20170210_Kikkawa_4.jpg
授業の大会でがんばる先生②

そんな学校を支える配属先の先生達は熱心です。
学校行事があると夜遅くまで準備をしています。私のセミナーに毎回参加してくれる先生がたくさんいます。勉強が苦手な子どもには居残りをさせて教えています。また、教材をしっかりと準備して授業に臨む先生も見られます。
私の学校では、授業の大会のようなものがあり、すべての先生がちゃんと準備をして、モンゴル語でいうところの「гоё(ゴイ:すごい)」な授業をします。「やる時はやる。」そんな様子を見ていると私はあまり必要ないのではないかと思うこともあります。暮
でも、私の授業を楽しみにしている小学生、「今日は日本語の授業ありますか?」と聞いてくる中学生、「私の教室で授業してよ。」「いつ日本語を教えてくれるんだ?」という学校の先生達を見ていると、「私がいなくてもそこの人達は生きていけるけれど、いてくれると嬉しい、ありがたい。」そういった存在なのかなと感じます。そんな刺し身のツマのような存在ですが、あくまでもここの主役はここの人達。もっとおいしい刺し身になるようツマとして引き立てていきたいと思います。

タグ : 隊次 281/ 職種 小学校教育/ 地名 ドルノゴビ県サインシャンド

 ホーム