FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (114)
   -  教育分野  (30)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (72)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (42)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

帰国から3ヶ月。

文と写真=吉田量子(よしだ・りょうこ)
平成25年度4次隊、青年海外協力隊
職種:幼児教育 任地:ウランバートル


 2年3ヶ月の隊員生活を終え、日本に帰国して早3ヶ月が経ちました。時間が経つのは早いのか遅いのか。“青年海外協力隊”という肩書がなくなってからの私は、“本当にモンゴルで2年以上暮らし、協力隊として活動をしていたのだろうか…”そんな疑問が浮かぶほど、『ただの日常』の中に戻ってきています。

▪『ただの日常』・・・?
 赴任前の記憶の消失(ひとの名前と顔が…。苦笑)、知り合いや教え子の成長、地元の住宅地化、元職場の制度や環境の変化など、至る所に“2年の歳月”は転がっています。しかし、実家での生活が再開し、以前と同じ出勤時間に、同じ通勤路を通り、日本らしい職場で働く日々には、“『ただの日常』に戻ってきた”という表現がしっくりきてしまいます(それがまた、日本で暮らす上での安心感になっていたりするのですが)。それと同時に、モンゴルでの活動が、いかに刺激的で、日本の生活と比べて非日常であったかということを思い知らされます。

▪モンゴルとのつながり
 『ただの日常』なんて言いながら、帰国してからの3ヶ月間、モンゴルと無縁だった訳ではありません。ここで帰国後のモンゴルとのつながりをご紹介。

1.持ち帰りの宿題の提出
帰国直前で出席した、モンゴルの幼稚園で実施が始まった発達検査表の改正についての会議にて、改正部分の提案を求められていました。そんな大仕事引き受けていいのかと思いつつ、一保育士の考えとして、いくつか提案させて頂きました。改正時に活かされるかどうかは分わかりませんが、自身の活動(幼稚園巡回やセミナー等)で得た知識・経験を活用して取り組む機会にもなりました。

2.職場でのモンゴル紹介
職場(赤ちゃんから大人までの会員がいるNPO法人)にて、“モンゴルのお話”の日を設けてもらいました。“モンゴルクイズ”を考案中、モンゴル赴任時、どんな事に驚き、どんな事に面白さを感じたかなぁ~と思い出に浸り、モンゴルに行きたい欲が再熱(笑)。
当日は小学校4年生から40代の方、15人くらいが集まってくれました。“モンゴルクイズ”は、答えを言う度に「えぇ~!?」とか、「ほんとに~?」と良い反応をしてくれ 、とても面白かったです。特に「ハムリーンヒード寺院のパワースポットから、他の場所にいる家族や友人にパワーを届ける方法は?(①天に向かって叫ぶ ②電話をかける ③手紙を書いて送る ④土を持って帰る)」という質問で、答えが「②電話」という事に、「そんなに近代的なの?」と驚きが生まれました。ソーラーパネルでの自家発電、遊牧民が車やバイクを活用しているという事でも、話しが盛り上がりました。
スーテイツァイ(モンゴルミルクティー)の味に顔をしかめ、馬の匂いのしみ込んだデール(伝統服)や馬のしっぽのロープの匂いに「あ…あぁ…」、シャガイ(羊の足首の骨/伝統的な玩具)で運勢を占って一喜一憂。
今度は、大人の方に向けて青年海外協力隊を目指した時の話や活動についての話をしてね、と声をかけて頂いています。活動の振り返りにもなり、何より大好きになったモンゴルの話を他人にできるというのは、嬉しいものです。


デールの試着。小学生にはだぶだぶでした



シャガイで占いをしているところ


3.モンゴル人(JICA研修員)のホームステイ受け入れ
 大阪で研修を受けているJICA研修員が、1泊2日の日程で、和歌山(私の地元です)にてホームステイする事になり、モンゴルの方であれば…!と、受け入れを行いました。ホス トファミリー初体験の我が家でしたが、モンゴルに所縁のある知人たちの協力の元、なかなか充実したおもてなしができたのではないかと思います。
 2カ月以上振りのモンゴル語で、自分の言語の衰えに少々落胆しましたが、英語が堪能ではないモンゴルからのお客さまが、「モンゴル語を知っている家庭でホームステイできたから、“食って寝る”だけじゃなくて、いろんな話ができた」と喜んでくれ、ホッと一安心。そして、自身の活動につながる“モンゴルの教育”について語り合えた(と、思っている。笑)事が、楽しい思い出となりました。
 地元観光は、いつもと違う楽しみ方ができ、新たな魅力に気づく事もできました。


JICA研修員と


 今回の記事、帰国3ヶ月目の隊員のただのつぶやきのようになってしまいましたね。

果たして、私は2年分成長出来ているのか?
まだまだ答えは出ません。

私は、日本帰国後に“国際協力”を続けていきたい!という強い想いを持ち合わせていませんでした。しかし、不思議とモンゴルとの縁は続くようで、この先もずっと何らかの形でつながっていければと思った、帰国3ヶ月でした。

タグ : 隊次 254/ 職種 幼児教育/ 地名 ウランバートル

 ホーム