このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

パーソナルスペース問題

文と写真=松尾みき(まつお・みき)
平成26年度3次隊 青年海外協力隊
職種:作業療法士 活動地域:ドルノド県チョイバルサン



 モンゴルでの生活も1年と6ヵ月が過ぎ、活動も残すところ半年となりました。モンゴル語でのコミュニケーションには非常に苦労していますが、その次にモンゴル生活で私が困ったことはパーソナルスペース問題です。このように書くと何だか大事件のようですが、他人との距離の問題です。モンゴルではとにかく近いと感じます。

■まずはパーソナルスペースについて説明をします。
 パーソナルスペース(英:personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。
 一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、逆に敵視している相手に対しては広い。相手によっては(ストーカー等)距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもある。(ウィキペディアより引用)

 性別(男女で形も違う)・年齢(40歳代が一番広い)・民族・文化(アジア人・欧米人)等によっても違いがあるというのが興味深いところです。

■ではどんな場面で近いと感じるでしょうか。
・ATMでお金をおろしていると覗き込むようにして近づいてくる(暗証番号見えちゃう~!)
・スーパーのレジで並んでいると(私が前の人と距離をとって並んでいるから?)どんどん割り込んでくる
・ミクロ(バン型の乗合バス)はぎゅうぎゅう詰めにならないと出発しない、しまいには膝の上に誰かが乗る。時には、私が人の膝の上に乗るように要求されることもまれにある(でも奥に座っていると降りられない)
・一緒に歩いていると手を組んでくる(雪道慣れてないから転びそう!)
・(モンゴル人と旅行中にベッドに寝ていると)「みき!私のベッドがうまっているからしばらく寝せて!」と同僚のお姉さんが布団に入って来る
・ベンチの端っこに座っていると、全部ベンチが空いているにもかかわらず隣に座るモンゴル人(知り合いではないです…)

驚くことがたくさんありました。

20160909_matsuo_1.jpg
チョイバルサンで一番新しいATM。2台のATMなのに6人もの人だかり。
勿論知り合いではない様子。後ろの2人はATMを使わず、ただの付き添いのようでした。

20160909_matsuo_2.jpg
同僚と旅行中の車中の様子。ぎゅうぎゅう詰めで車に座っています。


  このようにモンゴル人はパーソナルスペースが狭いと感じることが多くありました。日本人はパーソナルスペースが広い方だと言われていますが、特に私は極端にパーソナルスペースが広いです。職業柄、患者さんに近づくのは抵抗がないのですが(自分の身体が小さいので、近づかないと動作の訓練などがうまくいきません)、普段の生活では人と近づくのが苦手な私。どんな時でもできるだけ隅っこにいたい。両脇に誰かがいると緊張します。理由はいろいろとあるのですが(自意識過剰という訳ではないです(笑))、そんな私が身に付けた対処方法をご紹介します。

■対処方法
・ATM➡人がいる時は利用を諦めます。お金は余裕を持っておろしに行きます。
・スーパーのレジ➡時間と心に余裕を持って行動することで、人が割り込んでも気にしなくなりました。時には前に入るよう勧めることもあります。
・ミクロ➡他人の膝にのらなくてもわずかな座席の隙間にお尻をひっかけるようにして乗ります。そしてリュックは膝上に。
・手を組んでくる➡私もだいぶ歩きが安定してきました。そしてお相手に雪道ではヒールの靴を履かないように声をかけることができるようになりました。
・モンゴル人と旅行➡これは頻繁にあることではないです。今年の夏はどうなるか?むしろ何が起こるか楽しみです。
・ベンチに座る➡全部席が空いていれば端っこに座って荷物を隣に置く(ただし荷物は握りしめておきます)

■さいごに
 日本は面積が狭い国なのにパーソナルスペースが広くて、モンゴルは広大な大地があるのにひしめき合ったようにしてみんながくっついているように感じます。なんだか面白いですよね。パーソナルスペースを使いこなせば人間関係や恋愛がうまくいくとインターネットには書いてありました。そういえば、先輩隊員が以前「自分のことが好きなんじゃない?と勘違いするような距離感」と言っていたのが印象的です。(いや、本当に好意があっての行動だったのかもしれませんので断定はできませんが…)興味のある方はパーソナルスペースを民族間で使いこなしてみられてはいかがでしょうか。モンゴルの人たちともっと仲良くできると思いますよ(多分…)!
タグ : 隊次:263 /職種:作業療法士 /地名:ドルノド県チョイバルサン

 ホーム