このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

モンゴル建もの探訪(後編)

文と写真=松尾みき(まつお・みき)
平成26年度3次隊 青年海外協力隊
職種:作業療法士 活動地域:ドルノド県チョイバルサン


 建もの探訪後編をお届けします。今回は戸建タイプの建ものを紹介します。



③Модны байшин(モドニー・バイシン 木造建物)と呼ばれる一軒家
 モンゴル語の直訳では木造建物と呼ばれていますが、木造ばかりでなくレンガ、セメント、トタンなどを利用して作られたものもあります。

20160513_matuo1.jpg
木造

20160513_matuo2.jpg
レンガ。チョイバルサンには1990年までレンガ工場があったらしく、レンガをつかった家も多い。

20160513_matuo3.jpg
セメント

20160513_matuo4.jpg
トタン


 敷地は木やトタンの柵で囲まれています。ほとんどの家が敷地内に番犬を飼っているので柵を直接開けると飛びかかってきます。柵の外から家屋に向かって「Хүн байна уу!!!(フン バイノ― 直訳:人がいますか)」と叫びます(いつもはよく電話を使うのに、なぜかこの時は電話を使わない)。

20160513_matuo5.jpg
敷地を囲んでいる柵


 電気はありますが、水道はないので給水所で汲んできたものを使います。

20160513_matuo6.jpg
男性の後ろにあるのが水用の容器と柄杓。

20160513_matuo7.jpg
洗面用の水容器は上から水をいれて下のレバーを押し上げると水が出る。排水は下の棚にバケツ。たまったら捨てる。


 給水所には2日に1回程度水汲みに行くと聞きました。

20160513_matuo8.jpg
給水所。子供がお手伝いしている様子もよく見かける。


 煮炊きはカマドで行います。燃料は石炭や家畜の糞を乾燥させたものです。カマドの背にある壁は空洞になっており高くなって煙突につながっているのですが、ここを暖気が通って部屋を暖めます。いくつかに部屋がわかれているお宅は壁伝いに暖を取る仕組みになっているので、カマドが家の中心になるような作りになっています。

20160513_matuo9.jpg
カマド。白い壁の部分が暖かくなる。

20160513_matuo10.jpg
夏場は屋根の上で家畜の糞を乾燥させている。


 トイレは外にあり、基本的に敷地内の家屋とは離れた位置につくってあることが多いです。

20160513_matuo11.jpg
屋外のトイレ。-30度以下になる時でもこのトイレを使用する。


 お風呂は近くのХалуун ус(ハローン・オス 直訳でお湯、ここでは公共シャワーの意味)という場所を利用したり、知り合いの家で借りたりするようです。ほとんど家にベッドがあり、日中も座って過ごすために利用します。

20160513_matuo12.jpg
室内のベッド。住んでいる人の数よりもベッドの数が少ないことが多い。


 玄関に入ると一旦、土間のような空間があり、直接外の冷たい空気が入らないような工夫もされています。

この壁が暖かくなります

④モンゴルゲル(定住)
 電気はありますが水道は給水所に汲みに行きます。煮炊きはカマド。煙突がむき出しでとても熱いので危険です。一番奥にはテレビを置いている家庭が多いです。両脇にベッドが置いてあって、奥(北側)に頭を向けて寝ます。ゲルの中に洗濯機を置いている方がいて驚いたのですが、使う時は外に出すそうです。机・テーブルがないお宅が多いです。

20160513_matuo13.jpg
皆さんご存知、モンゴルゲル。

20160513_matuo14.jpg
カマドの煙突は大黒柱のようなのでつい触ってしまいそうになりますが注意!

20160513_matuo15.jpg
椅子がテーブルになることも多い。


 建ものの形と生活の様子をお伝えしました。どんなに「経済状況が大変そうだな…」と思われるお宅でも訪問すると「座って!座って!」とベッドや椅子を勧められてお茶とお菓子を出してくださるモンゴル人の皆さん。少ない部屋数に大人数で暮らしているからなのか、とても距離感が近く、親しみ溢れる印象を受けています。



タグ : 隊次:263 職種:作業療法士 地名:ドルノド県チョイバルサン

 ホーム