このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

私の咲くべき場所

文と写真=篠原 学爾(しのはら がくじ)
平成26年度 4次隊 青年海外協力隊
職種:日本語教育 活動地域:ウランバートル市


「人間到る処青山あり」という言葉に背中を押されるように青年海外協力隊(以下、青外隊と略記)に応募した私は、二〇一五年三月に、ここモンゴルの首都ウランバートルに着きました。その後は、ことある毎に、「置かれた場所で咲きなさい」という言葉を思い出しながら、十カ月余りを過ごしてきました。

私の置かれた場所、即ち配属先が、下の写真の学校です。

20160219_shinohara1.jpg
旧校舎外観。後方に聳える鼠色の高層建築が新校舎。
十月ともなると、秋というよりも冬景色。



 名前を新モンゴル小中高一貫学校略して新モンゴル学校といいます。昨年年二〇一五年に学校が創立十五周年を迎えたのを機に、それまで混在していた幾つかの和訳語にかえて、上述の正略二つの日本語版の名称を定めました。
そもそもこの学校は、二〇〇〇年の秋に、日本式の教育を標榜する三年制の高等学校として出発しました。ところが、二〇〇四年に中学校を、二〇〇八年には小学校を、順次併設したので、設立当初から用いていた「新モンゴル高校」という和訳語では、名が体を表しきれていない状態が生じていたのです。
ちなみに現在は、この新モンゴル学校と、それに隣接した建物の中に二〇一四年九月に開校した、新モンゴル高専及び新モンゴル工科大学という三つの学校組織をまとめて、新モンゴル学園と呼んでいます。

20160219_shinohara2.jpg
学食の典型的な定食の一つ。中身は、牛肉と三色ピーマンの煮込みをかけた米飯、モンゴル名物ホーショール(揚げ餃子)、それに、パスタサラダとキムチ風のつけあわせ。
価格は、三五〇〇トゥグルグ。日本円に換算すると、二〇〇円ちょっと。


・活動対象
青外隊員としての私の主たるつとめは、この学校で生徒達に日本語を教えることです。二〇一五年十二月現在は、日本の中学二年生にあたる八年生と、高校二年生及び三年生にそれぞれ相当する十一年生及び十二年生を担当しています。
授業に際しては進度別に学級を二つに分けています。その最大の理由は、生徒達の日本語学習歴がまちまちだからです。最も典型的なのは、入学時点が六年生か十年生かで生じる差です。この学校では、六年生から日本語の学習が始まります。従って、中学校から在学している生徒達は、日本の高校一年生とも言うべき十年生になる時点では、四年の日本語学習歴があります。一方で、十年生から入学してきた生徒達は日本語を全く学習したことのない者ばかりなので、下から上がってきた生徒達とは、この時点で四年分の差がついていることになります。これら二つの学習者集団に全く同じ内容の授業をすることには無理があるため、日本語を教える授業では二つの学級を編成しているという訳です。
ちなみに、私の担当している十一年生と十二年生の殆どは、十年生から編入してきたという、後者の生徒達です。


20160219_shinohara3.jpg
八年生の教室の清掃風景。
教師による清掃指導はあるものの、生徒は概ね、さぼらずに掃除をこなす。


・日本語学習への意欲と進路志向との関係
さて、上に書いたように生徒達の日本語学習歴がまちまちである一方で、生徒達の興味関心の対象も次第に多様化しつつあるように感じます。そしてその傾向は、生徒達の進路選択にも反映されてくるものと思います。つまり、日本式教育を謳い日本語教育に力を入れているこの学校の生徒達の全てが、等しく日本語学習に積極的に取り組み、卒業後は日本の大学への進学を目指しているとは限らないということです。
例えば、日本のサブカルチャーに興味はあるし、日本語はよくできるのだけれど、卒業後の進路としては欧米の大学を選択したいという生徒を私は幾人か知っています。
日本と日本の文化が好きで、しかも学業優秀な生徒にこそ、日本へ留学してもらいたいと望んでいる私としては、これはかなり悩ましい問題です。

この辺りを見るにつけ、モンゴルで初めて日本式教育を取り入れた中等教育機関として出発したこの学校が、ある意味で過渡期を迎えているのではないか、と考えることもあります。このように、私の置かれた場所の環境は、今まさに移り変わりつつあるのかもしれません。そして、周囲の空気と与えられる水と自分が根を下ろした土が変容しつつあるのであれば、こちらも別の色の花を咲かせ、味の異なる果実を実らせるだけです。いずれにせよ、私が授業に臨む上で目指すべき目標の一つが、学習者たる生徒達に日本に対する関心を抱かせ、日本語に対する興味をかきたてることである点に何ら変わりはありません。

次回以降は、この学校の生徒及び日本語学習の特徴と、私が日本語の授業以外に取り組んでいる活動などについて報告したいと思います。



タグ : 隊次:264 職種:日本語教育 地名:ウランバートル市

 ホーム