このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

赴任してから8か月間の活動報告

文と写真=横山 類(よこやま るい)
平成26年度 4次隊 青年海外協力隊
職種:バレーボール 活動地域:ドルノド県チョイバルサン


 初めまして、平成26年度4次隊の横山類です。私は昨年4月、首都から北東660kmに位置するドルノド県チョイバルサンのスポーツ局にバレーボール隊員として赴任しました。
 
5月まで雪が降るなど日本とは異なる環境の中で、下手なモンゴル語を必死で話し、モンゴル人と他愛もない会話で盛り上がる楽しい日々を送っています。私が赴任して、モンゴル人の初めの印象はクールで人見知りのような感じを受け、正直接しやすい印象は受けませんでした。しかし、仲良くなっていくにつれて陽気で非常に優しく、家族の様に接してくれるモンゴル人を知って安心しました。

・配属先について
 さて、私の赴任先であるドルノド県チョイバルサンのスポーツ局には、バレーボールをはじめバスケットボール、ボクシング、バドミントン、柔道、モンゴル相撲、サッカーなど様々なスポーツクラブが有り、チョイバルサンはモンゴル国の中でも非常にスポーツが盛んな場所であると思います。その中で、私の活動内容はスポーツ局で子どもたちへのバレーボール指導、指導者への技術移転です。小学生から高校生まで合わせて100人以上の生徒がおり、月曜日~金曜日の朝から晩までバレーボールの練習を行っています。現地の指導者は指導歴30年以上のベテランで、赴任する前のイメージよりも高いレベルの練習が行われておりました。

20160212_yokoyama_2.jpg
ドルノド県チョイバルサンのスポーツ局


・活動について
 私が赴任してからの活動の一部を紹介したいと思います。私の主な活動は、上述した様に配属先のスポーツ局で子どもたちにバレーボール技術指導をすることです。それに加え、赴任してからの8か月間で県大会・全国大会でのコーチング、配属先以外でのバレーボールセミナー、社会人チームへの技術指導などを行いました。この様な活動の中で日本とは異なる環境、場面に数多く遭遇したため、その中から何点か紹介したいと思います。

 1、県大会において、朝9時に開始してから終了したのが夜中2時過ぎ。
   それを4日間。
 2、小中学生の全国大会が炎天下の中、屋外の芝生の上で開催。
 3、高校生の全国大会がオープン参加。(予選なしで参加可能)

上記で挙げた事を目の当たりにし、初めは日本との違いに驚き、とまどいを隠せませんでした。しかし現在は、モンゴル国の文化、習慣を受け止め、目標に向かって頑張っていきたいと思っています。


20160212_yokoyama_3.jpg
配属先の子ども達



20160212_yokoyama_1.jpg
アルハンガイ県でのセミナー風景


・おわりに
 日本で様々な経験をしてきた中で、バレーボールは私に礼儀や協調性など生きていく上で非常に重要で必要不可欠な事を沢山教えてくれました。そのバレーボールというスポーツを通して、日本人としてモンゴルの子どもたちに技術に加え人間力の部分も二年間で指導していき、少しでも幸せを与えていければと思っています。


タグ :

 ホーム