このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (109)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (68)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (38)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

バスケットセミナーinムルン

文と写真=神野 諒(じんの りょう)
平成25年度3次隊 青年海外協力隊
職種:バスケットボール  活動地域:ザブハン県オリアスタイ


 こんにちは。僕は現在、ザブハン県オリアスタイ(首都から西へ約1,150㎞)でバスケットボールの指導をしています。モンゴルでのバスケットの人気は非常に高く子どもから大人まで広い世代に親しまれています。
そんなバスケットについてもっと知ってもらいたくて、フブスグル県ムルン(首都から北西へ約800㎞)でセミナーを開催しました。今回はそのセミナーについてお話したいと思います。




 ムルンまではオリアスタイからバスを乗り継ぎ37時間(総移動距離約2,000㎞)。ですが、モンゴル生活も1年と9ヶ月を過ぎれば何てことはないです。相方はこの時、唯一の同職種であった同期の大場隊員。彼とはモンゴルに赴任してからずっと「一緒に活動できたらいいな」と話していました。

 セミナー期間は1週間。指導対象は8〜15歳の男女を4つのグループに分け、1回2時間の指導を1日4回行います。7日分のメニューを事前に用意して臨み、順調に進むかと思われたセミナーですが、思いもよらぬハプニングはつきものです。子ども達のレベルの差、用意された体育館の状況(バレーコートサイズ、イレギュラーバウンド)、突然の体育館使用不可(同時に開催されていた大会会場になった)等、目を疑うような時もありました。しかし、変化する環境に臨機応変に対応するのもモンゴルに来てからはお手の物です。3人よれば文殊の知恵という言葉がありますが、1人足りなくても大丈夫です。むしろ1人足りないくらいが丁度いいです。2人で試行錯誤しながらハプニングに対応していきました。

 1週間の日程を進めていく中で子ども達の成長が垣間見えました。短い期間にもかかわらず、出来なかったことが確実に出来るようになっていく子ども達を見ていると、自分たちがここにきた価値というものを少しは評価出来るのではないかと思いました。


jinno_20151120 1
考えるバスケット


 1日の終わりにはどっと疲れが襲ってきましたが、達成感と充実感が混じった疲れはとても心地いいものでした。全日程を予定通りに…とはいきませんでしたが、無事にセミナーを終了することができホッとしています。嬉しかったり、腹が立ったりと、たっぷりの喜怒哀楽が詰まった1週間でしたが、総じて面白かったです。個人的には同期と一緒に活動できたことに感動しました。


じんの201511202
25年度3次隊バスケットボール隊員


 最後に、今回のセミナーは沢山の人に協力してもらったおかげで成功を納めることができたと思っています。自分は誰かに助けてもらわないとセミナーの1つも出来ないのだなと実感しました。協力隊員になってモンゴルに派遣されてから、誰かの助けなしではこの1年9ヶ月を過ごせなかったと思います。任期も残りわずかになってきましたが、人への感謝の気持ちをもう一度抱きしめて、ラストスパートをかけたいです。





タグ : 隊次:23−3 職種:バスケットボール 地名:ザブハン県オリアスタイ

 ホーム