このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として毎週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (107)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (63)
 モンゴル文化  (6)
 モンゴル情報  (37)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (33)

タグクラウド

月別アーカイブ

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●一体何が幸せなのか(前編)●●

文と写真=高橋あゆみ(たかはし あゆみ)
平成26年度2次隊 青年海外協力隊
職種:デザイン 活動地域:ウランバートル市


 サンバイノー。(こんにちは、お元気ですか?)初めまして!現在、モンゴルの首都ウランバートルにある国立専門学校にてデザイン隊員として活動中の高橋あゆみです。


 モンゴルに来てから、外国人である私を快く受け入れてくれた多くの現地の方々のおかげで、自身も異文化に馴染んで一緒に喜びを得ようと自然に意欲も芽生えたり、その中でもどうしても譲れない自身の確固たる価値観にも気付く事ができました。そして双方が気持ちよく歩んで行くにはどうしたら良いのか、自国の概念を越えて真剣に学び見つめ直す機会が多くなりました。このような日々の繰り返しに、時には辛い事もありますが、心の底から感謝しています。

 モンゴルに住んで1年経とうとしている今、彼らの生活を垣間見る中で、畏れ多いですが"モンゴルの子供達の未来”に関して考え始めたこと、思うことを綴ろうと思います。今回は前編で私が出会った孤児院について紹介し、後編でモンゴルの子供達の現状についてお話します。



 先ずは簡単に活動の経緯をお話ししたいと思います。私は学生時代、地域住民が中心となって運営している芸術祭で子供達と一緒にワークショップを行ったり、保育園でボランティア活動をしていました。こうした子供とのふれあいを重ねていくうちに、自身の幼少時代を思い出し、デザインという職種を活かしつつ青少年活動の一環として孤児院などで生活している子供達と関わり合える活動を望むようになりました。
現在は、おかげさまで配属先での活動を主軸にして、少しずつではありますが子供に関わるプロジェクトのお手伝いをしたり、活動先を見学させて頂いています。

その中で出会えた孤児院の一つを紹介したいと思います。

■モンゴルの孤児院について

 ロータスチルドレンセンター。首都中心街からバスで1時間程の郊外にある、70-80人ほどの子供達が暮らしている施設です。

 この施設は、すでに任期を終えて日本に帰国されてる先輩隊員の活動先でした。ここで先輩は、子供達と一緒に工作を行ってました。子供達はとても楽しそうに試行錯誤しながら工作をしていました。その様子を観ながら、幼児の段階からものを作る・描く行為から自己を表現する、そして自分とは違う他者を認める事を憶えていくことも大切な教育の一環だとひしひしと感じました。

 この施設は、ヨガのインストラクターであるオーストラリア人の女性が経営されています。ソ連崩壊後、モンゴルは共産主義から資本主義となり貧富の差が拡大、その結果生んでしまった沢山のマンホールチルドレン(様々な事情から家を失い、寒さを凌ぐためマンホールの中で生活せざるをえなくなった子供達)の現状を観て衝撃を受けた事がきっかけとなり、約20年前に設立したそうです。

 この経営者の方も自ら施設側にゲル(モンゴルの伝統的移動式住居)を建て、子供達と生活を共にしています。この他にも海外ボランティアの住居用に併設された幾つかのゲルや学校などがあります。海外ボランティアの方が英語を教えているそうで、小さな子供達は英語を上手に話していました。

 ロータスチルドレンセンターには、経営者の方と同じようにマンホールチルドレンを救わなければと、単身でモンゴルへ渡り、この孤児院で何年もボランティア活動をされている日本人女性もいらっしゃるそうです。その方は昨年に日本の番組にもご出演されています。この番組を観て彼女の揺るぎない情熱と行動力の強さに感銘を受けました。動画はありませんが番組の詳細がこちらのサイトに載っています。もしご興味がある方はご覧下さい。(テレビ東京・世界ナゼそこに?日本人)

atakahashi_2015102.jpg

ロータスチルドレンセンター内の壁

(この撮影当日に作ったものを早速子供たちは飾っていました)




次回はモンゴルの子供達の現状とそこから私が感じたことを述べたいと思います。




タグ : 地名:ウランバートル市 隊次:26-2 職種:デザイン

 ホーム