このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (109)
   -  教育分野  (26)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (68)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (38)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

モンゴルの観光地、フブスグル

文と写真=井木 つかさ(いぎ・つかさ)
平成26年度2次隊 青年海外協力隊
職種:理学療法士 活動地域:フブスグル県ムルン


 フブスグル県総合病院配属の理学療法士、井木つかさです。フブスグルはモンゴルの有名な観光地の一つでもあり、多くの外国人が訪れる場所でもあります。去年10月よりJICAボランティアの受け入れが始まったばかりで、私を含む2人のボランティアがフブスグルに派遣された最初のJICAボランティアです。私自身もまだまだ知らないことが多いですが、フブスグルそしてムルンについて少し紹介したいと思います。


■ムルンってどんなところ?
 モンゴルは日本の約4倍の広さでありながら、全人口は286万8000人(2012年)。そして122万1000人(2012年)が首都に集中していますが、ムルンは小さな町であるものの人口約3万6000人で、人口密度はモンゴル国内においても比較的高いほうだと思われます。また県庁所在地でもあり、フブスグル湖への玄関口とも言われています。首都のウランバートルから北西670㎞に位置し、飛行機なら約1時間半、バスなら約13~14時間で移動可能です。
 中心部にはスーパーやホテル、レストラン、市役所、スポーツ会館など、ほぼ徒歩圏内に密集していますが、中心部から少し離れるとアパートなどもなく一軒家ばかりが広がる住宅街となっています。
 ムルンの人々の特徴としては、とても温和でのんびりとした印象があり、首都に比べてスリなどの危険性もかなり低いと思われます。日本で言う『田舎』というイメージがピッタリかもしれません。

写真1:中心部に位置するダワー・ドルジ広場
中心部に位置するダワー・ドルジ広場


写真2:住宅街の様子
住宅街の様子



また、ここムルンには私の配属先である総合病院があり、フブスグル県周辺において一番大きな病院と言われています。そのため、ムルン市民以外にもフブスグル県内の至る所からや、県外の人々、遊牧民、フブスグル湖の西に住むツァータンと呼ばれるトナカイ遊牧民の人々もこの総合病院を利用しています。よってムルンには様々な地域の人々が集まり、モンゴル北西部の中心となっています。

■モンゴルのスイス、フブスグル湖
 ムルンから車で約1時間、フブスグル県の北部にはモンゴル最大の淡水湖であるフブスグル湖があります。水深は267ⅿとモンゴルで一番深く、透明度は20ⅿを越え、ロシアのバイカル湖に次いで世界で2位!! 周囲は針葉樹林に囲まれて『モンゴルのスイス』と呼ばれるほど景観が美しいと言われています。海のない内陸国モンゴルでは、湖ではなく『ダライ(海)』と表現されており、このフブスグルダライはモンゴル人なら誰でも知っている観光地です。

また、肉食文化のモンゴルでは珍しい、このフブスグル湖で捕れる魚を燻製にしたものはムルンでも手に入ることができ、この美味しさは訪れる人にぜひ味わってもらいたい逸品です。料理としてももちろんですが、お酒好きの人にとっては酒の肴としても最高です。

写真3:フブスグル湖で捕れる魚の燻製
フブスグル湖で捕れる魚の燻製



冬はこのフブスグル湖が一面、厚さ5ⅿを越える氷に覆われて、湖面を馬ゾリが走ります。旧正月であるツァガーンサルが終われば、凍った湖上でアイスフェスティバルが開催され、氷で作られた彫刻が展示されたり、馬ゾリレースが行われたり、モンゴル人以外にも世界各国の観光客が訪れ、賑わいます。

写真4:湖上を走る馬ゾリ
湖上を走る馬ゾリ



 そして夏といえば海を思い浮かべますが、このモンゴルの海であるフブスグル湖は北部の山地にあるため気候はかなり涼しく、6月でも氷が残り、湖に入れるのは一年の間で約7~10日間ほどだとか…。それ以外の時期は氷水のように冷たく、長時間足をつけて入れられないようです。そんな夏のフブスグル湖については、また機会があれば紹介したいと思います。

 ぜひ、モンゴルのスイスであるフブスグル湖へ!
 そして、フブスグル湖の玄関口ムルンへ!
 一度は訪れてほしいステキな場所です。フブスグル県でお待ちしていまーす!
タグ : 隊次:26-2 職種:理学療法士 地名:フブスグル県ムルン

 ホーム