このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (111)
   -  教育分野  (28)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (69)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (40)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

バレーボールを通して

文と写真=青木伶奈(あおき・れな)
平成26年度3次隊 青年海外協力隊
職種:バレーボール 活動地域:フブスグル県ムルン

 平成26年度3次隊、青木伶奈です。モンゴルの首都ウランバートルから北西に670km、モンゴル最北に位置するフブスグル県ムルンでバレーボール隊員として活動しています。

 私たち26年度3次隊は寒さ厳しい1月にモンゴルに赴任しました。それから半年が経ち、赴任当初は完全に凍っていた川も今ではすっかり溶け、街の緑も青々としています。6月に入ってからは、ムルンの街中で外国人の姿をたくさん見かけるようになりました。というのも、ムルンから100kmほど北に行くと、世界有数の透明度を誇るフブスグル湖があります。冬には氷祭り、夏には湖周辺でゲルキャンプ、はたまたトナカイ遊牧民族のツァータンに会えるなど、魅力的な観光地であります。ということで、ムルンはモンゴルの主要都市からフブスグル湖までの経由地、あるいは宿泊地として、多くの観光客が訪れる街となっています。今回はそんなフブスグルについて紹介したいところですが。まだ赴任して半年、一度もフブスグル湖を訪れていないため、この魅力は実際に行って、見て、体験してからお伝えしたいと思います。

 ということで、今回は私の配属先やそこでの活動についてお話したいと思います。

■配属先について
 まずは配属先について紹介します。
 
 フブスグル県チャンピオンズスポーツ学校
20150626_Aoki_1.jpg



 ・ムルンで唯一のスポーツ学校
 ・全校生徒300名程度、小学生から高校生までの生徒が在籍
 ・一般教科クラスに加え、専攻スポーツクラスの受講が必須
 ・専攻できるスポーツ:柔道、サンボ、レスリング、体操(エアロビクス)、陸上競技、
バレーボール、バスケットボール

こどもたちは大学の講義を受けるように授業を受講しています。
過去には柔道やサンボ、レスリングなど個人格闘技系競技において有名なスポーツ選手を排出しているみたいです。一方でバレーボール、バスケットボール競技などの集団競技の強化が当面の課題であり、私が派遣されました。現在配属先にはもう1人JICA隊員(柔道隊員)が派遣されています。

■活動について
 主に専攻スポーツクラスにおいてバレーボールを教えていますが、一般教科体育のバレーボール授業にもアシスタント(たまに予告なしで丸っきり任されることもあります)として入っています。1日平均2~3コマ(1コマ40分×2)、週に11~12コマ担当というところです。

 2月に本赴任し、3月いっぱいまで現状把握として授業観察を行い、4月から練習メニューを全て考え、主体的に教えています。
 
バレーボール専攻クラスは6年生以下と7年生以上の2クラスに分かれています。2クラスとも日により入れ替わり立ち替わりいろんなこどもたちが授業に来ているため、正確な人数は未だ把握できていません。また、こどもたちのエネルギーはあふれんばかりで、器具庫からボールを出した瞬間から、体育館は動物園と化します。このエネルギーをどうにかうまく授業(練習)に向けられないかと、考える毎日です。また、技術指導として1列になって1人ずつスパイクを打つ練習をするとなると、スパイク技術を教える前に、まずは「順番に」を教えなければなりません。「今度は私!」「先生見てて!」と言って、積極的に来るこどもたちもかわいいのですが、やはり遠慮してしまう子もいます。ボールも人数分には足りません。用具を揃えることは指導者の課題でもあるかもしれませんが、その前に全員が平等に練習する機会をつくるためにはどうしたら良いのか、こどもたちに気づいてもらえればと思います。また授業開始時間前までに体育館に来ることや、授業後にボールや体育館をもと通りにすること、用具を大切にすることなど、バレーボール技術の前に学んでほしいことがたくさんあります。
しかし、これらはこどもたちだけではありません。学校で働く、あるいは学校施設を利用する大人の方々にも学んでほしいことでもあります。どれだけの人々が見て、気づいてくれているかはわかりませんが、まずは自分が率先してそれらを行うことを心がけています。最近では使用後の後片付けや用具の整理、体育館の掃除など、学校の先生たちが協力してくださるようになりました。このように少しでも多くの大人を巻き込み、大人を見てこどもたちが学んでくれるようになればと願うばかりです。

 スポーツはそれぞれ多様性を持ち合わせています。私はバレーボールという媒体を用いて、こどもたちの身体やスポーツ技術のみならず、一番に心を育んでいけるような活動ができればいいなと思います。

20150626_Aoki_2.jpg
授業前の様子


20150626_Aoki_3.jpg
体力測定の様子①


20150626_Aoki_4.jpg
体力測定の様子②




タグ : 隊次:263 職種:バレーボール 地名:フブスグル県

 ホーム