FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (119)
   -  教育分野  (32)
   -  医療分野  (16)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (77)
 モンゴル文化  (10)
 モンゴル情報  (45)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【2件】
2019年 09月 【2件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

オフィシャルビジターガイド(日本語版)

文と写真=丸亀太(まるかめ・ふとし)
平成24年度4次隊 青年海外協力隊
職種:行政サービス 活動地域:ウランバートル市


 2014年7月、民間企業と私の配属先である「モンゴル政府観光局」のコラボにより、【オフィシャルビジターガイド(日本語版)】が発行されました。

20140725_marukame_01.jpg
オフィシャルビジターガイド(日本語版)
 この日本語版にはモンゴル滞在を快適にする情報などが記載されています。
 - モンゴル基本情報(モンゴル国概要、ウランバートル概要)
 - 重要連絡先(日本大使館や警察・病院)
 - イベント情報
 - ホテルやレストラン、ショップ情報 など

 モンゴルでは、在モンゴル日本大使館やJICAモンゴル事務所、モンゴル日本センターなどに、また日本国内にも配置される予定ですので、モンゴルに興味のある方は是非お手に取り、有効活用して頂ければと思います。


私の配属先や活動内容
 そもそもモンゴル政府観光局とは、文化・スポーツ・観光省の配下に属し、モンゴル全体の観光開発やインフラ整備、また各種トレーニングなどを行っている政府機関です。

20140725_marukame_02.jpg
配属先の外観。スポーツ宮殿と呼ばれる体育館内にオフィスがあります。


 私はこの機関でマーケティング担当として「外国人観光客を増やすには?」というメインテーマの下で活動を行っております。様々なプロジェクトに対し、データや事例を武器にアレコレ言う日もあれば、海外事例を調査し、その事例はモンゴルで実現可能か?費用は?観光客数は増加するのか?といった資料を作る日もあります。

 今回のオフィシャルビジターガイド日本語版の制作も活動の一環ではありますが、日本とモンゴルの企業様の全面協力によりトントン拍子で発行に至ったため、正直、私は何もしていません。しかし以前から「日本語版を発行出来れば!!」と思っていた理由が2つあります。

1. 「予算が無くても、できる事はある」を知ってもらいたい

■予算は大切。でも無い。どうする?
 モンゴルだけではなく、他の青年海外協力隊の派遣国でも同じような事が起きていると思いますが、「予算」の確保は本当に大切で、予算が無いと何も前へ進みません(むしろ、ある程度前に進んでいた物事も一瞬で白紙に戻ります)。

   - プロジェクトの企画書を作っても「予算が無いから出来ない」
   - 開催される予定のイベントも「予算が無いから開催を止めた」

 それぞれの事情がある為、予算が無いのは仕方のない事ですが、そこで立ち止まらず、実現に向けて他に何か出来る事はないのか?と別の方法を模索する姿勢を持つべきでは!?と思いながらも、「口で説明するだけではダメ」、「成功体験が必要」との気持ちを抱きながら悶々とした日々を過ごしていた所、この日本語版の話が舞い込んできて、実を結んだ形となりました。

「自力で出来ないのであれば、パートナーを探す。
その為には、双方のメリットを把握すると同時に、
常にアンテナを張り巡らせてチャンスに備える必要がある。」


 配属先の方々に、少しは伝わったかな!?


2. 「日本国内にモンゴルに関する情報が少なすぎる」を解消したい

■モンゴルへの外国人訪問者数
 2012年のデータでは、モンゴルへの訪問者は年間で50万人弱。その内、日本人は約1.7万人です。
※訪問者数にはビジネス目的の訪問なども含まれるため、純粋な観光客数は不明。

20140725_marukame_03.jpg
モンゴルへの訪問者数TOP10ヶ国(モンゴル政府観光局調べ)


 東京からモンゴルまで飛行機で5時間、30日以内ならば査証免除、予防接種の義務はないなど、訪問しやすい国だと思うのですが、現実は違うようですね。。。

■日本人をモンゴルに呼ぶには?
 「日本の出国者数は年間約1,800万人。なぜモンゴルに来る日本人は少ないのか?」この問いに対し、私なりの回答を出しました。海外旅行の行き先を決める際の意思決定プロセスの分析が大切。そして、これには3段階あると。

 1. モンゴルを知ってもらう
 →モンゴル情報があれば、海外旅行の行き先を検討する段階で、候補には入るだろう

 2. 他国よりもモンゴルが良い
 →欧米諸国、東南アジアなど想定出来る候補地と比較した時に、モンゴルが選ばれる必要がある

 3. またモンゴルを訪問したい
 →いわゆる、リピーターの確保。モンゴルへのリピーターは意外と多い

 今は「上記1.」付近の段階。モンゴルに関する情報が少ない為、検討しようにも検討できない状態だと感じます。このような状態だからこそ、この日本語版の発行により、日本国内にもモンゴル情報が流れ、その先にある(はずの)訪問客増加!!に繋がる事を期待しています。
タグ : 隊次:24-4 地名:ウランバートル市 職種:行政サービス

 ホーム