FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (117)
   -  教育分野  (32)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (76)
 モンゴル文化  (8)
 モンゴル情報  (42)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2019年 04月 【2件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

モンゴルってこんな国 - 衣食住編 (その1) ~着るもの~

文=木下聡(きのした・さとし)
平成23年度3次隊 青年海外協力隊
職種:環境教育 活動地域:ウランバートル

写真=中本雄大(なかもと・ゆうき)
平成24年度2次隊 青年海外協力隊
職種:保健師 活動地域:トゥブ県ゾーンモド

 モンゴルボランティアの活動を知ってもらうついでにモンゴルの基本的な情報についてももっと知っていただこうということで、モンゴルの文化などについてご紹介したいと思います。

※現時点で筆者が知っている、把握している話を主観も交えて書いておりますので、こんな一面があるんだなぁ程度に読んでいただけたら幸いです。

 まずは本当にベーシックなところでモンゴルの生活、衣食住についてです。第1回目は順番通りに「衣」から紹介したいと思います。

 モンゴルの都会に住む人たちの格好はほとんど日本人と同じと考えてもらっていいと思います。サラリーマンや公務員はスーツにネクタイ姿、普段着はジーンズにシャツや革ジャンなど。ただ、イベントごとでは日本での和服以上にモンゴルの伝統的な衣装デールを着ます。日常的に着ている年配の方も多く見かけます。

・Дээл (デール)

 モンゴルの伝統的な衣装と言えば "デール"です。イメージは着物と同じ、一枚のロングのワンピースで、体の前で重ねて腰帯を結びます。また、首元の右側をボタンで留める形になっており、そのあたりはチャイナドレスに通じるものも感じます。現在は素材、形状、色など様々な種類があります。黒のデールはお祭りやおめでたい席では着用しない、帯の長さ太さは男女でそれぞれ決まっているなど様々な決まりがありますが、オーダーメイドが一般的です。

Дээл(デール)
Дээл (デール)

・Малгай (マルガイ:帽子)

 モンゴル人は帽子を大切にします。旧正月ツァガーン・サルの挨拶の際には必ず帽子をかぶります。たとえ、一度脱いでいたとしても新しい来客とあいさつする際には改めてかぶってから挨拶します。また、モンゴル相撲の競技の際にも必須で、審判に預けて競技を開始し、終了後帽子を受け取り、かぶってから勝利の舞いを行います。また、日常の扱いにおいては、低い場所には基本的には置きません。イスの上などに置くと怒られます。そうした大切なものですので、他人の帽子をかぶるのはNGです。

・Гутал (ゴタル:靴)

 靴も大事な装備のひとつです。伝統的なものは革でできていてつま先が上を向いて尖った形状をしています。私は市役所配属なのでスーツ姿で革靴の同僚が多いのですが、革靴を本当によく拭いています。靴が汚れているとだらしがない人と思われるようです。お洒落は"足元から"ですね。

Гутал(ゴタル:靴)
Гутал (ゴタル)

・メイド服の制服

 制服として日本ではいわゆるメイド服と呼ばれる服を採用している学校が多くあります。5月末から6月初めの卒業式のシーズンでは市中心のスフバートル広場や、ガンダン寺、ザイサンの丘など、観光地としても有名な各地で卒業記念の集合写真撮影のために集まったメイド服の学生の集団をみかけます。その時期にウランバートルに来られる方は、コスプレ集団と勘違いされませんように(笑)。

・女性の服装

 夏の女性は日本以上に露出が多めで男性としては嬉しいような、目のやり場に困るような(笑)。特徴的と言えるのは体のラインを惜しみなく出すこと。どんな体型のおばちゃんでもピタッとしたシャツをまとって、まるでそのふくよかなお腹を誇示しているかのようです。また、ヒールの靴を好んで履き、就学前の小さな子でも低いヒールを履いているのを見かけます。もちろん真冬に道路が凍結していても大人の女性はピンヒールで颯爽と歩き、ときには転倒して痛い目にあっているようです。更にパーティーとなったらパラーチと呼ばれる派手なドレスを身に纏って踊ります。特に年末のパーティーなどはさながらファッションショーかと思うくらい。モンゴルをけん引する女性のパワフルさをこんなところでも実感させられます。


タグ : 隊次:23-3、隊次:24-2、地名:ウランバートル市

 ホーム