FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (111)
   -  教育分野  (28)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (69)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (40)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

●●年に1度のコンクール●●

文と写真=相馬 円(そうま・まどか)
平成29年度2次隊 青年海外協力隊
職種:美容師 活動地域:トゥブ県ゾーンモド


こんにちは。職業訓練校の美容科で活動している相馬です。赴任してから半年経って、ようやくモンゴル人のおしゃれ事情も把握でき、サロンワークもスムーズにいくようになりました。ここモンゴルは美意識が高い女性が多く、少しでも手を抜くとすぐ指摘されてしまいます。(私の配属先だけかもしれませんが…。)その為、自分磨きもしつつ活動に励んでいます。今回は先日開催された、全国カットコンクールについて紹介したいと思います。

■全国カットコンクール
モンゴル国内において毎年1月に開催される、学生対象の1番大きいカットコンクールです。モンゴル国内の美容学校と、ロシア、韓国の美容学校の学生が参加し、自分の持てる全ての技術を活かし競い合います。
 主にカット部門、カラー部門、ブライダル部門、メイク・特殊部門、ウイッグ部門から各学校2名エントリー出来ます。テーマは部門毎にそれぞれあり、規定のルールが細かく設けられています。今回はどの部門にも、3色以上のグラデーションカラーを必ず取り入れることでした。エントリー者本人が、カット・カラー・スタイリング・メイクなど全て担当します。
 審査基準は、①カット・カラー・スタイリング・などのテクニック、②ヘアデザイン、③ビフォーとアフターの変化の度合い、④モデルとヘアデザインのマッチング、⑤全体のプロデュースなどが主になります。
 ちなみに、日本のコンクールだと、内容にもよるのですが、プロのモデルさんを使用することが可能で、全て1人で担当するのではなくユニット制で出場したり、競技中にアシスタントを使用する事が出来るので、少しモンゴルのコンクールとは違うのかなと感じました。
 今回紹介するカットコンクールは、学生対象のコンクールだったので、プロのモデルを使用していません。モンゴルには世界的に有名な、『ウエラ』という美容メーカーが首都ウランバートルにあり、ウエラ主催のコンクールだと、エントリーはプロ・アマを問わなかったり、モデルはプロのモデル使用が出来たりします。

■コンクール前の準備は何をするの? 

* イメージをデッサン
 * カラーリング
 * モデル探し
 * 材料を仕入れる
 * 衣装製作…など上記以外にも準備することはたくさんあります。

 テーマは1カ月前に通達され、事前に仕込みを全て済ませておきます。この1カ月の期間はどの学校も通常の授業はなく、全てコンクールに向けて時間を費やしていきます。これら全てを事前準備として済ませておかないといけないので、生徒達は毎日遅くまで練習に励んでいます。

■大会当日 〈午前10時から午後8時まで〉
 私は諸事情により最初から見る事が出来ず、夕方からの観戦になってしまいました。到着すると、まだ仕込みが終わってない学校もあり、舞台裏では自分の出番になるまで準備をしているところも多くみられました。

20180413_sawada_1.jpg
(会場の様子)

ギャラリーが多く、会場は熱気に満ちあふれていました。

■入賞作品

20180413_sawada_1.jpg
(ウィッグ部門)

鶴がテーマの作品です。3色以上のカラーを使い、ドライヤーで仕上げています。非常にクオリティーが高い作品でした。

20180413_sawada_1.jpg
(カラー部門)

この作品は事前にブリーチを施し、そこから色付けに入っています。デザイン性が高くテクニックも評価されていました。仕込みにかなりの日数がかかったそうです。
 
20180413_sawada_1.jpg
(ブライダル・メイク部門)

大会規定である、『3色以上』を取り入れたグラデーションが綺麗だったメイクです。学生に1番人気があった作品でした。

20180413_sawada_1.jpg
(ランウェイの様子)

  審査終了後モデルさんは、ランウェイを歩きます。ステージ上の演出やポージングも素晴らしく、観客は終始魅了されていました。また歌やダンスなどのパフォーマンスもあり、ショーをみているようでした。

■モンゴルのカットコンクール・写真だけでも伝わったでしょうか?
興味があれば、是非会場に足を運んでみては如何でしょうか。きっと感性やセンスが磨かれると思います。これを機会に、美容の世界をより深く知ってもらえれば嬉しいです。
スポンサーサイト

タグ :

●●子どもたちが元気な理由●●

文と写真=澤田美沙(さわだ みさ)
平成29年度2次隊 青年海外協力隊
職種:障害児・者支援 活動地域:ウランバートル市


 こんにちは。バーサンオンラインに初めて投稿をします、澤田です。現在私は、ウランバートル市内の幼稚園を巡回し、障害のある子どもが在籍するクラスで活動を行っています。
 早いものでモンゴルでの生活も約半年が経ちました。ついこの前までは-30℃を下回っていたのに、3月に入ると急激に気温が上がり、春の訪れを実感すると共に時の流れの速さに驚いています。それにしても、1月や2月は本当に寒かったです。外を10分歩けばまつ毛や髪が凍り、まだ気候に慣れない私は、何度も風邪をぶり返してしまいました。
そんな寒さの中でも、子どもたちが元気いっぱいに過ごしている様子を見て、「なんてたくましいんだ!」と驚かされるばかりでした。

■たくましさの秘密
 私はこんなにずっと風邪を引いているのに、なぜこんなに寒い場所で子どもたちは元気に過ごしていけるのか。その秘密は、幼稚園で子どもたちと過ごす事で見えてきました。私が初めて幼稚園に訪問した際、びっくりしたことがあります。それは食事を摂る回数がとても多いことです。それでは、モンゴルの幼稚園が、どれだけ食事をする回数が多いかということを紹介したいと思います!

①朝ごはん
 子どもたちが登園し、身支度が終わると、まず必ずどの園でも温かい乳製品が出てきます。乳製品をモンゴルではцагаан идээ(ツァガーンイデー)「白い食べ物」と呼びます。
寒い外から登園したら、まずは温かいもので身体を温める!なるほど、ですね。
 メニューは日によってКаша(カーシャ)やсүүтэй будаа(スーテーボダー)と呼ばれる甘いミルク粥や、аарц(アールツ)という濃厚なホットカルピスのような飲み物が出てきます。
 特にアールツは「風邪を引いたら飲みなさい!」と、先生方に何度も勧められるぐらい、風邪によく効く飲み物だそうで、飲むと確かに身体が温まり、風邪の具合が良くなったように思えました。

20180413_sawada_1.jpg
「アールツ」


②午前のお茶の時間
 朝ごはんから1時間ほどするとすぐにまたお茶の時間。ビスケットを温かいミルクに浸しながらもぐもぐ。よく出てくるこの牛が目印のビスケット、私もお気に入りで良く買うオススメです。

20180413_sawada_2.jpg
「牛が目印のビスケット」


③お昼ご飯
 そのまた一時間後には、もうお昼ごはんです。子どもたちと一緒に食べていれば、この時点で「お腹空いた!」とはあまり感じないでしょう。お昼ご飯は必ず2食あります。1食目はшөлシュル(スープ)です。

20180413_sawada3_.jpg
「хөц будаатай шөл(麦ごはん入りのスープ)


20180413_sawada_4.jpg
「мантуутай хуургаマントータイホーラガ(蒸しパン入りの炒め物)


 モンゴルの食事は基本的に肉類が入っているため、どのご飯も見た目は茶色いです。みんな「お代わり」もしてよく食べる!

 お昼ご飯の後は、温かいジュースを飲みます。
さすが寒い国モンゴル。ジュースが温かいのです。私がとても気に入っているのがこの温かいジュースです。日本で言うならば、ホットレモンのような感覚で、日替わりで色々な味の温かいジュースが食後に出てきます。

20180413_sawada_5.jpg
「ブドウのジュース」


④午後のおやつ
 お昼寝から起きたら、すぐにおやつの時間です。大きなパンと共に、お茶もしくはホットミルクや飲むヨーグルト、というのが定番のメニューです。

 このように、4回ぐらい食事の時間があるモンゴルの幼稚園ですが、子どもたちは身体を温めるものや、乳製品や肉類を沢山食べることで、元気にたくましく過ごすことが出来ているようです。

■幼稚園の給食は美味しい!
 初めはなかなか食べ慣れないようなものもありましたが、食べ続けること半年、今では、シュル(スープ)が出てくると安心する自分がいて、毎回ありがたく頂いています。今回出てきた食事は、モンゴルを代表するようなメニューばかりですので、ご興味のある方はぜひ一度、モンゴルに食べに来てみては如何でしょうか?






タグ :

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。