FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (118)
   -  教育分野  (32)
   -  医療分野  (15)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (77)
 モンゴル文化  (8)
 モンゴル情報  (43)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●9月の僕の活動●●

文と写真=竹内寛貴(たけうち・ひろき)
2016年度3次隊 青年海外協力隊
職種:理学療法士 活動地域:ウランバートル市


 こんにちは!2016年3次隊理学療法士(以下:PT)として派遣されている竹内です。あっという間にの夏が過ぎ、今年は例年より早めに首都ウランバートルでは雪が降りました。季節の変り目、みなさんは体調を崩したりしていませんか?そんモンゴルのな急激な環境の変化の下、少し体調を崩した時期もありましたが、現在は普段通りに活動を行っています。と言っても、9月は普段の活動以外にも様々な事があったので、是非皆さんに紹介したいと思います。

■9月の様々な事って?
 9月は世界理学療法士連盟(以下:WCPT)が定めた「理学療法士DAY」が9月8日にありました。更に、今年はモンゴル理学療法協会がWCPTに加入して10周年ということで、9月21日には10周年式典も執り行われました。

 9月8日に行われた「理学療法士DAY」では病院のリハ科のスタッフが、我々PTの為にパーティーを開いてくださり、非常に感銘を受けました。日本ではお祝いをすることはないので、非常にいい経験でした。しかし、我々はただ祝ってもらうだけでは終われません。前日は、患者さんや家族を対象に理学療法についてのセミナーや、モンゴルの地方に建てられている家庭病院から栄養士を招いて、栄養指導や生活習慣病についての講座が行われました。今回、僕がセミナーで発表をしたのではなく、モンゴル人である同僚が発表する場となったので、非常にいい経験になったのではないかと思います。

20171027_takeuchi_1pg.jpg
同僚のセミナー発表写真


 9月21日に行われたモンゴル理学療法協会10周年式典には、モンゴルの理学療法協会の立ち上げや、モンゴルのPT育成に長きにわたり携わってきた、群馬大学の先生方が招待されました。式典では、モンゴルでのPTを含めたリハビリの必要性や、今後の方向性ついての講演などがありました。僕自身も、この式典に参加出来たことで、学びがとても多く、大変有意義なものとなりました。

20171027_takeuchi_2.jpg
群馬大学教授、当院副院長との記念写真


 さらに、この他にも9月22、23日に渡り、全国神経学会が私の配属先で開催され、23日に参加させていただきました。
 これまで、ソロンゴの会(モンゴルの医療隊員によって構成される会)や全国PT学会、当院の医者からの依頼などにより、僕達ボランティアがセミナーを開催する側に立っていましたが、セミナーを受ける側になることは殆どなかったので、新鮮味を感じました。また、自分の専門外である、モンゴルの看護方法などもセミナーで見ることができたので、非常に勉強になりました。

20171027_takeuchi_3.jpg
セミナーの様子


■普段の活動についても少しばかり!
 もちろん9月も普段の活動は行っています。僕に求められているものの一つとして、PTの技術、リハビリの質の向上があります。その為の活動を毎日行っているわけですが、みなさんはリハビリと聞いてどのような事を思い浮かべるでしょうか?

・筋トレ
・ストレッチ
・歩行訓練

などなど、一般的なイメージはこれらが先行してくるかと思います。

 では実際にはどういうことかと言うと、、、
 上記した筋トレ、ストレッチ、歩行訓練などに加え、様々な運動を行い、麻痺などの身体的な障害を持った患者さんの生活行動能力(一人でベッドから起き上がる、トイレに行く、ご飯を食べる、お風呂に入る、歩いて家の外に出る、など)を向上させ、自宅復帰・社会復帰などのお手伝いをしている仕事です。または、残存する運動機能(脳卒中等になっても麻痺を起こさなかった手足の力など)を低下させないため、日常生活を人間らしく暮らすための指導などを行っています。
(補足:今後はモンゴルのPTも、病気にならないよう未然に防ぐという考え方である「予防医学」についての知識を身に付けていくことが必要であると感じています。)

 その為には、患者さんの病気の事を把握していくための適切な評価(問診から検査データ・レントゲンなどの確認、または、PTが行う筋力検査など)を行っていく必要があります。
 ちゃんと評価が出来ないと、間違った運動を行ったり、患者さんを危険にさらしたりします。一歩間違えば、患者さんの命を奪う可能性もあります。

そして、この適切な評価能力が、今一番活動先のPTに必要なスキルだと感じています。

と言うことで、9月は私自身も患者さんのリハビリを実施していきましたが、それと並行して同僚に評価の大切さや評価方法、画像の見方などの指導をしていきました。

20171027_takeuch_4.jpg
同僚に指導中の写真


 まだまだモンゴルのPTは発展途上にある段階で、カッコいい手技など目新しいことにとらわれがちですが、基本をもっと大事にしてほしいと感じています。そして、僕の行ってきた事が少しでも、これからのモンゴルの医療の発展に繋がるよう、自分の持っている知識はしっかりと伝え、残していきたいと思う今日この頃です。

以上、9月の僕の活動についての記事でした。





タグ :

●●セレンゲの夏●●

文と写真=宮崎ゆい(みやざき・ゆい)
2016年度3次隊 青年海外協力隊
職種:看護師 活動地域:セレンゲ県スフバートル


 みなさん、こんにちは。セレンゲ県スフバートルで看護師隊員として活動している宮崎ゆいです。モンゴルに来て9ヵ月が過ぎようとしています。私がモンゴルに来たのは、髪の毛もまつ毛も凍るマイナス30度になる1月でした。来たばかりの頃は、屋内と屋外の温度差になかなか慣れることができず、外出するとすぐに疲れていました。
そんな極寒の冬を耐えて、春が過ぎ、夏を迎えました。モンゴルの夏は約2ヵ月間と短いので、モンゴル人は夏をとても楽しみにしています。
 今回は、私の住んでいるセレンゲでの夏の過ごし方を紹介したいと思います。

■水も緑もあるセレンゲ
 セレンゲ県スフバートルは、首都のウランバートルから約320㎞離れたロシア国境の町です。この町にはオルホン川があり、セレンゲ川との合流地点を見ることができます。セレンゲに遊びに来た隊員は、みんな口を揃えて「素敵な町」と言ってくれます。草原もあり、川もあって「ザ・モンゴル」なのだそうです。
 冬は雪に覆われていたオルホン川も、夏には地元住民や家畜の遊び場になります。夏に川沿いに行くと、家族や友人たちと川で泳いでいるモンゴル人がたくさんいます。そしてもちろん、牛も馬も水遊びしています。

20171013_miyazaki_1.jpg
観光名所ゲレルト・ツォグツォルボルからの景色


■モンゴル人は器用
 夏のある休日、モンゴル人の友人に魚釣りに誘われました。車に乗って川に行くと思いきや、まずザハ(市場)へ。探していたのは浮きです。わずか2000トゥグルグ(モンゴルの現地通貨、日本円で約90円)で購入。その後、川の近くに車を停めて、小型ナイフを持って車から降りて歩きます。立ち止まったと思ったら、友人は薮の中に顔を突っ込んで木を切り始めました。そして切った木を持って木陰へ。その木に浮きを上手に結び付けて、手作り釣り竿の完成です。

20171013_miyazaki_2.jpg
顔を突っ込んで木を探す友人


■さて釣れるのか?
 いよいよ手作り釣り竿の投入です。たまたま置いてあったボートを勝手に拝借。一投目、二投目、三投目と投げ込みますが、当たり無し。時間はお昼の2時、日陰のない川で灼熱の太陽が皮膚を襲います。でも、「日焼け対策してないから帰りたい。」なんて言えません。「早く釣れろ!」という私の願いが届いたのか、約30分後、ピチャッと音がしたので見てみると小さな川魚が釣れていました。友人は満面の笑み。数年ぶりの魚釣りだったようで彼も大満足でした。

20171013_miyazaki_3.jpg
ボートに乗って釣りをする友人


■手漕ぎボートでお出迎え
 セレンゲでは、草原の中で乗馬を楽しむこともできます。川のそばには、牛や馬を飼って暮らしている遊牧民がいます。その遊牧民にお願いして、馬に乗せてもらうことができます。釣りの記事で書いた「勝手に拝借」したというボートは、川の向こう岸で暮らしている遊牧民の大切な交通手段となっているボートです。セレンゲに遊びに来た隊員たちはこのボートが珍しいようで、ちょっとしたアトラクションになります。

20171013_miyazaki_4.jpg
手漕ぎボートでお出迎え


■好きなだけ乗馬を楽しもう
 手漕ぎボートに乗って川を渡り、向こう岸に着くと草原が広がっています。乗馬時間は好きなだけです。初めての乗馬なら、遊牧民に馬を引いてもらうこともできます。乗馬に慣れているなら、独りで草原の中を馬に乗って走ることもできます。
20171013_miyazaki_5.jpg
遊牧民の住まいであるゲル


■いつでもウェルカムなモンゴル人
 毎回突然電話をして乗馬をお願いするのですが、モンゴル人はいつでも、どんな来客にも親切だと思います。それは田舎ならではなのかもしれません。広大な大地をもち、厳しい環境で遊牧民として生活してきたモンゴル人は、見知らぬ人が家に訪ねて来ても、温かく迎え入れる民族なのだと聞いたことがあります。私がセレンゲで出会うモンゴル人は、どの人もまさにそのとおりの人たちです。いつでもスーテイ・ツァイ(塩入りのミルクティー)やボールツォグ(揚げ菓子)で温かく迎えてくれます。
 そんな素敵なセレンゲに、みなさんも是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。
タグ :

| ホーム |

 ホーム