FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (118)
   -  教育分野  (32)
   -  医療分野  (15)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (77)
 モンゴル文化  (8)
 モンゴル情報  (43)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【2件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

〜 え、モンゴルって思ったより住みやすいじゃん!!〜

文と写真=小野寺 絃(おのでら・げん)
2018年度2次隊 青年海外協力隊
職種:柔道 活動地域:ウランバートル市



 こんにちは。2018年度2次隊として首都ウランバートルに派遣されている小野寺 絃と申します。モンゴルの国会議事堂から歩いて徒歩3分のところにあるスポーツセンターで柔道指導者として活動をしています。モンゴルで柔道はとても人気の高いスポーツで、私が指導しているモンゴル柔道アカデミーでは、全体で約300人の生徒が日々修行しています。
私はモンゴルに派遣されて6ヶ月が経とうとしているのですが、2月の始めにナショナルチームとの練習中に左足首の骨折をしたため、一時療養帰国をしていました。なので、現在モンゴルに来て4ヶ月程といったところです。
 今回は短期間で日本とモンゴルを行き来した私が感じた、「モンゴルと日本の違い」についていくつか紹介したいと思います。


・乾燥について
 モンゴルといえば草原というイメージを持つ方が多いと思います。日本と違って乾燥帯であるため、水が少なく樹木が育ちにくい環境です。だからと言って、全く樹木がないわけではありません。日本であれば日光を受けて樹木が育っていくのに対し、モンゴルの場合は日差しが強すぎるため日光を避けて樹木が育ちます。どこも乾燥しているので乾燥で喉を傷めてしまうことも少なくありません。なので、部屋には加湿器が必須です!
 乾燥していて良い点としては、とにかく服が乾くのが早いということ。例えば、生地の厚い柔道衣なんかも、夜洗濯して干すと翌朝には乾き過ぎて立ってしまうくらい乾燥しています。

写真①柔道着



 ・日没時間について
 モンゴルは標高が高く、日本に比べて日没時間が遅いです。インターネットで調べたものによると、2018年の7月1日の日没時間は22時を越えています。今の時期でさえ、時間を忘れてのんびり行動をしていると「もうこんな時間なの?!」とびっくりすることもあるので気を付けたいと思います。

写真②日没

 
写真は、5月中旬のウランバートル市内の写真です。時間は20時30分で、建物に隠れて日は見えませんが、まだまだ明るい状態です。


 ・ジムについて
 モンゴルの夏はとても過ごしやすく、日本より少し涼しいくらいの気温なのですが、真冬になるとマイナス40度にもなる極寒の地です。そのため、冬は運動するためにジムを利用する人が多く、ウランバートル市内にはたくさんのジムがあります。
 
写真③ジム


 モンゴルの人は日本人に比べて体格が大きく、中でもモンゴル相撲などの競技に携わっている人は、身体が大きくて逞しい人が多いです。
 写真は私が通っているジムの写真なのですが、1ヶ月90,000₮(トゥグルク:モンゴルの通貨)(日本円で3,700円程)と安く利用できます。サウナが付いている高級なジムになると、1ヶ月260,000₮(日本円で10,800円程)と日本とさほど変わらない値段にまでなってきます。
 モンゴル人の平均月収が880,000₮(日本円で37,000円程)なので、そういった高級なジムに行けるのは一部の富裕層の人のみです。

 以上、私が感じたモンゴルって住みやすいじゃん!!と感じた点についての紹介でした。

写真④広場

スポンサーサイト

タグ :

ゴビはただの砂漠じゃない

文と写真=田原 浩美(たはら・ひろみ)

2018年度1次隊 青年海外協力隊

職種:障害児・者支援 活動地域:ドルノゴビ県サインシャンド


 
砂漠に咲く花
砂漠に咲く花


 Сайн байна уу?(センベーノー・お元気ですか)田原浩美と申します。私は、ドルノゴビ県というゴビ砂漠東部にある町で活動しています。
「ゴビ砂漠」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。春になると、日本にはゴビ砂漠の黄砂が偏西風にのっていきます。私は特別支援学校教諭ですが、専門科目は理科なので理科の授業もします。毎年、理科の授業で生徒にゴビ砂漠の話をしていましたが、まさかそこに住むとは夢にも思いませんでした。
「ゴビ」とは、モンゴル語で〈草がまばらに生え、若干の動物が生息する荒れ地〉を意味します。ゴビ砂漠は、世界基準でも大きい砂漠だと言われていますが、みなさんがイメージしている果てしなく砂地が続く砂漠とは違うのです。今回は、そんなゴビ砂漠にある観光地を紹介します。

ゴビ砂漠
ゴビ砂漠


◆世界屈指のパワースポット
 ドルノゴビ県には、ゴビ第5代活仏のダンザンラブジャーが造った瞑想地があります。

ダンザンラブジャーの像
ダンザンラブジャーの像


 シャンバラという地ですが、モンゴルの人達は「エネルギーセンター」と言います。ここにはモンゴル全土からはもちろんのこと、世界各国からエネルギーを求めて訪れているようです。左の門から入って、懺悔して、ハトの餌を入れて、粉に火をつけて・・・右の門から出るなどの作法があるようですが、私が訪れたのは活動先であるドルノゴビ県に就いたばかりの頃だったので知りませんでした。

シャンバラ
シャンバラ


 入場前に額のグルグルを見ると目が動いて見えて、退場後に見ると目が動いて見えないようです。私は入場前にも退場後にも動いて見えませんでした…。

 中には赤い地面が広がっていて、そこで大きなパワーを得られるというので寝転びました。そこで出会ったウランバートルから来たというモンゴルの人達は、家から持ってきたというさまざまな物(置物や食器、仏具など)も大地に広げ、エネルギーを物にも与えていました。

赤い土地に寝転がるとエネルギーが得られるのだとか
赤い土地に寝転がるとエネルギーが得られるのだとか


 そこから電話をすると、電話した相手にもエネルギーが伝わるというので、同じ時期にモンゴルに来た隊員全員に電話しました。そこだけ急に近代的だと思いました。それでも、エネルギーセンターはとっても気持ちのいい場所でした。地元の人も何かにつけて行くようなので、私もまた行きたいと思います。

 エネルギーセンターの近くには、僧侶がこもって瞑想したという洞窟があります。洞窟の中は独特な感じでした。全体的には、なんか遺跡のようなアドベンチャー感があって楽しかったです。生まれ変わりの穴というのもあるみたいです。これも知らなかった…。

瞑想の洞窟
瞑想の洞窟


◆砂丘
 ゴビにはいくつか砂丘があります。私もサインシャンドから車で3時間ほどの砂丘に行ってみました。そこにはゴビ砂漠のオアシスがありました。
 ゴビには多少の草が生えていますが、草の色が緑というには色味がくすんでいます。しかし、砂丘のふもとには湿った土地があって濃い緑色の草が密生していました。緑に飢えていた私は、「ゴビに来て初めて緑を見た!」と感動しました。

砂丘
砂丘


 砂丘の上に立つと、広い青空の下、果てしない景色と、砂と風でできた綺麗な風紋、気持ちのいい風になんだか力が湧いてきました。のんびり過ごすつもりだったのですが、陸上部だった頃に静岡県の中田島砂丘でトレーニングしたことを思い出し、思わずダッシュを何本かしてしまいました。普段、歩くのすら面倒がる私が走りたくなるほど、とても力が湧く場所です。

◆恐竜の化石
 古代、緑豊かだったというこの地域には、大型恐竜が多く生息していたようです。そして、ゴビ砂漠は世界で初めて“恐竜の卵の化石”が発掘された地です。恐竜はもともと爬虫類なのか?それとも哺乳類なのか?という議論があったのですが、この発掘によって、やっぱり恐竜は卵から生まれたため爬虫類であるということが証明されたのだとか。そのため、ゴビ砂漠は恐竜化石の発掘地としても知られています。
 何でもないような場所に恐竜の骨が置いてあり、触ることもできました。そんなことってあるのかな…?

恐竜の化石
恐竜の化石


 ドルノゴビ県のシンボルは恐竜で、サインシャンドの公園にも大きな恐竜さんがいます。

ドルノゴビ県の県章
ドルノゴビ県の県章

公園の恐竜さん
公園の恐竜さん


 ドルノゴビ県は鉱物資源も豊富な地域で、サインシャンドの町には恐竜やゴビの土地に関する博物館があります。紹介した場所以外にも、珪化木(植物の化石)や粘土質の赤い土地など他では見られない自然現象や地形を見ることができてとても面白いです。また、ハマリーン僧院、黒山、おっぱい岩などのチベット仏教に関する観光地も多くあり、どこも素敵な場所です。
 ほどよく田舎でほどよく町なドルノゴビ県サインシャンドは、とてもいい所なので是非いらしてください。

珪化木(植物の化石)
珪化木(植物の化石)

赤い土地
赤い土地

寺院
寺院

ゴビ名物のラクダ
ゴビ名物のラクダ

タグ :

●●モンゴル草原マラソン●●

文と写真=野浪 梨加(のなみ・りか)
2017年度3次隊 青年海外協力隊
職種:作業療法士 活動地域:ウランバートル




 2017年度3次隊、作業療法士として活動している野浪です。
モンゴルでの生活も半年を過ぎ、気候や文化にも少しずつ慣れてきました。モンゴルの夏は、日差しは強いですが、気温は30℃を切るくらいで、湿度は低く、日本と比べると私には過ごしやすいです。
 今回は8月にモンゴルで行われた草原マラソンに事務局のスタッフとして参加させて頂いたので、ご紹介したいと思います。


続きを読む »



タグ :

●●モンゴルの娯楽事情・日本との比較について●●

文と写真=落合 理(おちあい・さとし)
2017年度3次隊 青年海外協力隊
職種:理学療法士 活動地域:オルホン県エルデネト


 こんにちは、オルホン県エルデネトで活動している落合です。任地に来てから約3ヵ月半が経過しました。自宅のパール(暖房)が止まり、現在寒すぎて、体調管理に気を付けながら生活をしています。
 ※エルデネトは5月に入ってからも2回ほど雪が積もり、朝晩の冷え込みはきつい状況です。

任地に派遣されてから今日まで、毎日がとても忙しく、充実していました。特に、意識したことは現地の人と共に生活すること!
 そのため、活動が終わってからも、モンゴル人と時間を共にすることが多かったと思います。
 沢山の友達ができ、現地の人が終業後から就寝までの間、どのような生活を送っているのか、もっともっと知りたいと思い、現地の方々となるべく時間を共有するよう努めました。
 ※今回、モンゴルの娯楽について、日本と比較をしながら紹介したいと思います。(1円=21.96トゥグルグ(₮)/ 2018年5月現在。)

映画館
 エルデネトにある、「URGOO CINEMA」という映画館です。
 日本では、映画館というとショッピングモール内に併設されており、映画館単体のものは少なくなっていると思いますが、この映画館はとても立派な映画館です。地下一階から地上四階まであり、昼間は小学生、中学生が多い印象です。というのも、日本の映画館と比較すると、全体的にかなり割安だからだと思います。

料金 
 映画鑑賞料は、大人7,000₮(約318円)、子ども4,000₮(約182円)、飲食代は、ポップコーン大2,500₮(約113円)、 中2,000₮(約91円)、 小1,500₮(約68円)(塩味の場合、キャラメルはもう少し高い)、ホットドッグ2,000₮(約91円)とかなり日本より安いと思います。また、ポップコーンは日本で食べる物とほぼ同じですが、店員さんに聞いたところ、キャラメルはモンゴルではあまり好まれないようです。
 
 ※映画自体の写真は載せることができませんが、座席やスクリーンは日本のものとほぼ同じ大きさです。日本よりも子ども連れが多く、平日の昼間でも席はほぼ満席に近いです。
 今回は友人と、この写真にある映画を観てきました。比較的わかりやすい内容でとてもお勧めの映画です。

ishizaki_20180511_1.jpg
映画館



サウナ
 モンゴルは寒い国ということで、サウナ好きなモンゴル人は多いようです。日本のサウナは、大浴場の一角にサウナがあり、何段も段差がありそこに他の客と入るイメージがあるかと思いますが、モンゴルのサウナは違います。
 
料金
 タオル、シャンプーなどアニメティ込みで30分15,000₮(約683円)です。先ほどの映画と比較すると、だいぶ高いように感じます。しかし、サウナにもランクがあり、シャンプー、タオルなしの所だと7,000₮(約318円)で利用可能です。

 さて、今回は一番上のランクの15,000₮(約683円)のサウナについて紹介します。内装はとても綺麗で、非日常的な空間です。ここはレストラン、カフェ、美容室とともにサウナが併設されています。
 
内装 
 日本のサウナとは違い、個室になっており、個室の中にトイレ、リビング、シャワー、そしてサウナが入っています。そのため完全予約制で、すぐに空きがなくなってしまうので、早めに予約することをお勧めします。部屋はとても綺麗で、ホテルの一室のような雰囲気です。サウナは四人ほど入れるスペースがあり、友達と行くのもあり、一人で行くのもありだと思います。
②
内外装


 サウナの温度はやや低温設定で約55℃、湿度65%です。時間が短いのが残念ですが、たまにモンゴル人と行って話ながら疲れを癒すのも良いと思います。
 
マッサージ 
 私は利用していませんが、ここではマッサージも11種類あり、5,000₮(約227円)の低い料金から、70,000₮(約3,191円)する高い料金まで、幅広い料金設定がされています。また、写真にあるように、モンゴルらしい帽子がサウナ浴室内の壁に掛けられていました。そして、サウナ後は、ティーサービスもあり、クオリティはとても高いと思います。
③
浴室内・ティーサービス


ラウンジ、クラブ
 モンゴルといえば、архи(アリヒ、モンゴルのウォッカ)が大好きというイメージがありますが、親友曰く、アルコール30度以上のものしかお酒と思っていない人が多いくらい、アルコールが好きなようです。

 日本の場合、ラウンジ、クラブは別々に店舗を構えている所が多いですが、モンゴルの場合ラウンジ、クラブは同じ施設内に、部屋、またはブースで区切られているところが多いです。

入場料
 料金がかからないところもあれば、人気店は30,000₮(約1,367円)程かかるところもあります。しかし、安いところに行くよりは、入場料が高いところの方が客層も良く、またセキュリティなどもしっかりしている印象です。夕方5時以降入場可能です。

 ラウンジコーナーはバンドや歌手が来て、ジャズなど比較的落ち着いた音楽が流れていることが多く、ビールなら6,000₮(約273円)から購入できます。
 
雰囲気
 クラブとラウンジの飲食代は同じですが、日本と同様、クラブはダンスを楽しむ人が多いです。しかし、4割の人がダンス、残り6割の人が席に座り鑑賞、というように全員で踊るというようなことはありません。また、音響や照明などで、かなりの電気を消費する為、停電することもしばしばあり、これもモンゴルならではだと、面白みを感じるのではないでしょうか。
 ※しかし、外国人だけで行くのは危険を伴うので、親しいモンゴル人と適度に楽しむのをお勧めします。

④
クラブ、ラウンジ


以上、モンゴルの娯楽についての紹介でした。モンゴルに来た際は、少しでも参考にして頂ければと思います。



タグ :

モンゴルのSIMカード

文と写真=大町 由起子(おおまち ゆきこ)
2017年度3次隊 青年海外協力隊
職種:PCインストラクター 活動地域:セレンゲ県職業訓練校




  こんにちは、大町由起子です。

 我々の日常になくてはならないアイテム、インターネット。街中を歩くときでもインターネット、必要ですよね。
そんなときに役立つアイテムがSIMカード。
今回の記事では、モンゴルのSIMカードについて紹介します。

続きを読む »



タグ :

| ホーム |