FC2ブログ

このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (118)
   -  教育分野  (32)
   -  医療分野  (15)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (77)
 モンゴル文化  (8)
 モンゴル情報  (42)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2019年 05月 【2件】
2019年 04月 【2件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【2件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【2件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

モンゴルのゲストハウスでタコなし焼き?

文と写真:奥田 美咲(おくだ・みさき)
平成30年度2次隊 青年海外協力隊
職種:作業療法士 活動地域:ウランバートル市

       
                  
こんにちは。奥田美咲と申します。私は、ウランバートルの西にある国立病院で作業療法士として活動していています。
モンゴルに来て5ヶ月が経ち、長い冬が終わり、やっと暖かい春の訪れを迎えている今日この頃です。
モンゴルの生活にも慣れてきたので、いろんな場所に足を延ばして日々モンゴルの良さを探しています。今回はガイドブックには載っていないちょっと変わったモンゴルのゲストハウスと、そこで食べることができる日本ではおなじみのたこ焼きをモンゴル風にアレンジしたレシピについて紹介します。

 ■ゲストハウス
ウランバートルの中心部から27番バスで北へ一時間ほどのところに、日本人とモンゴル人のご夫婦の営むゲストハウスがあります。そのゲストハウスは小高い丘に建っており、同敷地内には4人用のゲルもいくつか建っています。宿泊するとなると、少し言語面が心配になりますよね。でもここは、日本語はもちろん、モンゴル語、英語も対応して下さるので、安心して宿泊できます。

写真1ゲストハウス



普通のゲストハウスと違う点は、宿泊ができるだけではなく、ご主人がバイクのメンテナンスや部品の取り扱いをしているのでツーリング客も大歓迎なところです。モンゴルの大草原をバイクで走ってみたくなりませんか?
普通の旅行客はもちろん、暖かくなると世界各国からバイクで旅に来ているお客さんもたくさん訪れています。海外から来られる多くの方は、予定を決めず、ふらっと立ち寄り、数週間滞在することもあるそうです。その中には、自身でバイクのメンテナンスをしながらのんびり休暇を楽しんだり、モンゴルからロシアへ旅行する計画を立てたりといろんな過ごし方をされているそうです。
敷地内に建てられているゲルや小屋、砂場やブランコなどはすべてオーナーの手作りで、暖かな雰囲気があり、とても居心地がよくセンス抜群です。

写真2庭にあるゲル


写真3バイクが並ぶ倉庫


今年の春にはオープンテラスのカフェもオープンする予定で、笑顔が素敵な奥様の料理や珈琲は絶品です。
またウランバートル市内から標高が高く、距離が少し離れているので明かりが少なく、夜には満点の星空とウランバートル市の夜景を一望できるスポットです。

写真4ゲストハウスからの景色



■モンゴル風たこ焼き
ゲストハウスにはたこ焼き器があり、モンゴルに居ながらリクエストに応じてたこ焼きを食べることができます。そのレシピは、元協力隊員で現在モンゴルにてお仕事をされている方の発案されたものです。外はサクサク、中はふわトロで、何度でも食べたくなる味です。
たこ焼きの鉄板やカセットコンロはウランバートル市にある韓国系の大型スーパーで手に入ります。ちなみに、たこ焼きが大好きな隊員の中には、日本からたこ焼き器を持ってきている隊員もいるそうです。

■モンゴルたこ焼きの具材
①小麦粉(モンゴル製)
②コーンスターチもしくは天ぷら粉
③卵
④出前一丁のスープ
(最近モンゴルでもどこのスーパーでも手に入るようになっています。)
⑤コーンの缶詰
⑥ソーセージ(モンゴル製)
⑦スライスチーズ
⑧ネギ
⑨パン粉

■手順
①卵をボウルに4個入れ、泡立て器でまぜる。
②コーンの缶詰を1缶入れ、混ぜ合わせる。
ゆで汁を加えると美味しくなります。
③小麦粉とコーンスターチ、もしくは天ぷら粉を入れ、生地を作る。
④出前一丁のスープを1袋入れる。量によって2袋入れても良い。
⑤完成したお好み焼きの生地に、水を加え
3倍に希釈する。美味しいも不味いも、ここで決まります。
⑥かなり水っぽくなると、生地が完成する。

■焼き方
①1センチ角に切ったソーセージを最初にたこ焼き器に入れて焼く。そのときに
ソーセージの油を出す。
②油が出たらパン粉を少々加える。パン粉は揚げ玉(天かす)の代用として使用する。
③ネギを多めに入れて焼く。
④入れた具材が焼けたら生地を流し込む。
⑤生地を流し終わったら、スライスチーズを入れる。
⑥生地が固まるのを待つ。固まってきたら串で生地を切り離していく。
⑦生地と鉄板が離れる頃合いで、ひっくり返す。
⑧はみ出た生地が丸くなるように返しながら整える。
⑨油を少し加え、生地がカリカリになるように焼く。
⑩表面がカチカチになったら焼き上がり。
⑪お好みでソース、もしくはポン酢・マヨネーズをかけて完成。

写真5たこ焼き


写真5(2)たこ焼き


都会の喧噪を離れ、美味しいものを食べて、綺麗な空気の中、時間に追われずのんびり自由に過ごせる、そんな空間がとても素敵だな、と感じました。モンゴルには、時間を忘れてのんびり過ごせるスポットがたくさんあります。ぜひこの夏、一度遊びに来てみてはいかがでしょうか。

写真6モンゴルとバイク



タグ :

〜春だ‼︎散歩だ‼︎砂嵐だ‼︎〜

文と写真=桜井 洸(さくらい・ひかる)

2018年度2次隊 青年海外協力隊

職種:バスケットボール 活動地域:ダルハン・オール県


 ダルハン・オール県のスポーツ局にバスケットボール隊員として派遣された桜井洸です。
 モンゴルに派遣されてからちょうど半年が経とうとしています。わかってはいたつもりですが、日本とモンゴルとではバスケットボールの指導状況が異なっていて、活動が始まったばかりの時は戸惑いばかりの日々でしたが、今ではだいぶ慣れてきて子供達とも冗談を言い合えるようになってきた今日この頃です。

■ダルハンの憩いの場
 さて、冬場が相当冷え込むモンゴルも4月に入りだいぶ暖かくなってまいりました。スポーツ分野に携わる者として長時間の外出が困難であった冬からの解放により、ランニングをする機会が増えてきたのですが、ここではダルハン・オール県にあるランニング用道路について紹介していきたいと思います。
20190419_sakurai_1.jpg

20190419_sakurai_2.jpg

道のそばにある遊具
道のそばにある遊具

 この上にある写真がランニング用道路です。写真を撮ったときは日曜日の午後3時、見てわかるように道が一直線になっていて爽快感すら感じさせる一本道となっています。また、この道は片道約1.2キロで1つの長細い大きな楕円のような道が2本あるので1周すれば程よく汗をかけるプランになっています。なので、平日は朝からランニングに来ている方や散歩をしているおじいちゃんおばあちゃんをよく見ることがあります。また休日には子供や家族連れがたくさん来ます。子供たちが自転車やローラスケートに乗って遊んだり、道のそばにある遊具で遊んだりしているのでとても賑わっています。このようにランニングや散歩にうってつけの場所があるので、ぜひダルハンに訪れた方は一度、このモンゴル人の憩いの場に立ち寄ってみてください。
 余談ではありますが、1日に15~20分の軽度な運動をすることでストレス値が下がるそうです。最近イライラしていたり部屋の中で考え込んでいたりする人には気分転換におススメです。

■4月の気候
 暖かくなってきた一方、少し困っていることがあります。それは「砂」です。他の県はどうかわかりませんがダルハンは街の至る所に砂場のような場所があります。別にこの砂事態に関しては何も困ってはいないのですが、ここ最近風が強い日があり、その日は視界が悪くなるくらい砂が舞い上がります。
20190419_sakurai_4.jpg

 そして窓を開けたが最後、写真のように砂が降り積もります。「なら開けなければいいのでは?」、たしかにその通りです。しかしそうすると室内が暑いんです。夜、眠れないんです。この強風の季節もいずれは終わるということでもう少し我慢して過ごしていきたいと思います。以上ダルハンからでした。
タグ :

●●初めて尽くしのモンゴル生活●●

文と写真=永井 愛加(ながい・あいか)
平成30年度2次隊 青年海外協力隊
職種:バドミントン 活動地域:ウランバートル



 初めまして。人生の半分以上をバドミントンに捧げてきた永井愛加です。そんなバドミントンで何か役に立つことができないかと思い応募し、モンゴルで活動をしています。ここに来て体験した「初めて尽くし」について話したいと思います。

■極寒の地モンゴルでの一人暮らし
 私はここに来る前に、モンゴルの冬は寒いと聞いていました。しかし、こちらに来て本当の寒さを知りました。12月、1月が一番寒く、最も寒い時で、-40度にまで及びます。目以外をしっかり隠しておかないと、凍傷になるのではと思うほど痛くて感覚がなくなります。外で15分以上歩くのは危ないと感じる程です。そんな極寒の体験は初めてで、まつげが凍ったことにも驚きました。そして、そんな地での一人暮らし。今までで寮生活はありましたが、一人暮らしは初めてで、最初の2、3ヶ月は知らない間にホームシックにかかってしまいました。今は携帯やパソコンで日本にいる人と顔を見ながら電話ができるので、寂しくなった時や、辛いことがあった時は電話をし、なんとかホームシックを乗り越えました。そして一人暮らしといえば料理。いまでは何品か作れるようになりました。やらざるを得ない状態になればやれるものだなと。

■他県への出張
 バドミントン隊員として、メインはやはりバドミントン指導。首都ウランバートルでは、バドミントンの普及のために3つの学校で指導をしています。今回は試合前の子供たちへの強化指導として、オルホン県エルデネト市(首都から384km)へ行ってきました。

写真①エルデネト

移動手段としてはバスとボゴン(寝台列車)がありますが、ボゴンで行ってきました。

写真②ボゴん外観

バスで約6時間かかるところを約12時間かけて、ゆっくり、ゆっくりと進みます。ボゴンの席には3つのランクがあり、私は2番目のランクの寝台にしました。一番上のランクはこの4つの寝台が一部屋になっています。モンゴル人は初対面関係なく話しかけてくるので、行きも帰りも話をする機会が沢山ありモンゴル語の勉強になりました。

写真3ボゴン内観

 エルデネトでのレッスンは非常に有意義な時間でした。子どもたちの中には初心者もいましたが、上手な子どもたちが多く、分からないことは質問してきたりとバドミントンに対しての熱意がある子たちばかりでした。
エルデネトには10年前に初めてJOCVのバドミントン隊員が派遣されその後2人が派遣されています。その後に首都にSVが派遣され、その方もエルデネトで活動していた歴史があります。その関係もあってか、元モンゴル代表4人すべてエルデネトから選出されており、そのうちの1人がコーチとしてレッスンをしています。さらに、現モンゴル代表で東京オリンピックを目指している選手も輩出しているレベルの高い地域です。現地の方から「この歴史があるからエルデネトは強いんだ!」と言って頂いたときは本当に嬉しかったと同時に、この歴史をさらに受け継ぐことができたことに誇りを持ちました。私が教えた子どもたちが将来、選手やコーチになっていたら幸せなことだな、と実感しました。
 
 残りの任期で他の県の子どもたちにもバドミントン指導をし、モンゴル全体にバドミントンを普及させると同時にレベルアップを図ることが出来たらな、と思います。




タグ :

●●旧正月(ツァガーンサル)●●

文と写真=山田 英恵(やまだ・はなえ)
平成30年度1次隊 青年海外協力隊
職種:小学校教育 活動地域:●●ダルハンオール県ダルハン●●



 ダルハンオール第1学校で、図工と算数を教えている山田英恵です。
 今回は、「旧正月」について紹介します。「旧正月」は日本ではあまりなじみのない文化ですが、アジアでは多くの国で祝われています。


■Цагаан сар (ツァガーンサル、旧正月)
 モンゴルでは旧正月のことを「ツァガーンサル(白い月)」と呼びます。ツァガーンサルでは元旦に家族で集まり、ごちそうを食べます。机にはモンゴルの方々が尊ぶ白色の料理が並べられ、家族で挨拶をした後は親戚、友人、知人を招き、もてなします。さて、どのようにお祝いをするのでしょうか。

■挨拶の仕方
 お家に着くと、まずは年長者に挨拶をに行きます。
 「アマルバイノー?(お元気ですか?)」と言いながら、肘を曲げ、手のひらを上に向けて年長者の腕の下に自分の腕を添えます。そして右、左の順番に頬を近づけます。
挨拶

自分より年下の方と挨拶するときは、自分の腕を上にします。
同い年の方と挨拶をするときには、片方の腕が上に、もう片方の腕が下になるようにします。また、同じ年の方と挨拶をするときには、頬を近づけないそうです。

■ツァガーンサルのおもてなし
хэвийн боов(ヘビンボーブ、硬いクッキー)
 下から「幸せ、不幸せ、幸せ・・・」と数えるため必ず奇数で積み上げられています。若い家主であれば3段、50歳までは5段、それ以上の年齢では7段もしくは9段で積み上げるそうです。上には白色のお菓子や砂糖が置いてあります。
料理1


 өвчүү(オブチョー、蒸した牛肉)
料理2

 үзэмтэй будаа(ウゼムテイボダー、本版お赤飯)
 干しブドウを入れて炊かれたご飯です。
料理3

 бууз(ボーズ、蒸し餃子)
 ツァガーンサルには欠かせないお祝い料理です。一人3つ以上食べるのが礼儀です。
料理4

その他には、айраг(アイラグ、馬乳酒)、архи(アリヒ、ウォッカ)、サラダ、果物やチョコレートも並べられています。
このようにモンゴルでは、幸せ溢れる1年が始まるように新年を家族でお祝いし、親戚、友人、知人のお家へ一日に何軒も足を運び挨拶をしていきます。
若い方の中にはモンゴルの民族衣装であるデールを着ず、新年を迎える方も増えているそうですが、私たち外国人がデールを着て挨拶をするとモンゴルの方にとても喜んでもらえます。
今年も素敵な1年になりますように。

デール




タグ :

●●青いサンタクロース?●●

文と写真=元林 実穂(もとばやし・みほ)
平成30年度1次隊 青年海外協力隊
職種:理科教育 活動地域:ドルノド県チョイバルサン



 あけましておめでとうございます!モンゴルの東にあるチョイバルサンという街で、理科を教えている元林と申します。モンゴルに来て、半年がたちました。この半年間はとっても濃密な時間を過ごすことができ、あっという間に年を越してしまいました。
 主な活動は、実験を取り入れた授業を現地の先生と一緒に教えることです。私のつたないモンゴル語を一生懸命聞いてくれて、協力してくれる先生方に感謝です。先生や子供たちのためにできることを全力で取り組んでいきたいです。
 今回は、モンゴルで過ごした年越しの様子を紹介します。


■12月初め…ふと気づくと、学校やレストランの前にツリーが登場。
  モンゴルには”クリスマス”というイベントはないのですが、まさしく日本のようなクリスマスツリーが街に飾られています。チョイバルサンにある広場には大きなクリスマスツリーが突然現れ、夜にはライトアップされてとってもきれいです。
 クリスマスはないので、サンタクロースもいません。でも・・・青い服を着て白いひげをはやしたおじいちゃんがおります。このおじいちゃん、子どもたち、大人にもプレゼントをくれるよき人。

写真1

写真1(2)

写真②


■12月中旬…職場で“モニタ”というプレゼント交換
 朝、出勤すると入り口でくじを引くように言われ、訳も分からず引くと、そこには同僚の名前が。“モニタ”というプレゼント交換だそうです。このプレゼント交換は、くじで引いた同僚に3日間プレゼントを贈り、同じように自分も誰からかプレゼントをもらう。そしてプレゼントを誰からもらっているか推理して、新年会(忘年会も含めた)で発表されます。そして、自分がプレゼントをあげた相手からビッグなプレゼントをもらいます!
3日間、ワクワク・そわそわしながら働きました。

写真③


■12月下旬…パーティー
  “Шинэ жилийн баяр(シンジリンバヤル)”という、日本の忘年会と新年会を合わせたパーティーが開かれます。この日は、1年で1番女性がきれいになる日。この日のために入念に下調べ、服選びを行うそうです。きれいなドレス、メイクもバッチリきめて普段と違う雰囲気です。
  パーティーはご飯を食べて、お酒を飲んで、踊って、歌って・・・とにかく楽しく過ごします。

 
 初めてモンゴルで過ごした年越し。年越しの時間に花火が打ち上げられ新年迎えました。とっても素敵な思い出ができました。


写真4




タグ :

| ホーム |