このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (111)
   -  教育分野  (28)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (69)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (40)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

●●モンゴル料理●●

文と写真=河原礼佳(かわはら あやか)
2017年度3次隊 青年海外協力隊
職種:料理 活動地域:ドンドゴビ県マンダルゴビ



 Сайн байн уу?(サェン バェノー=こんにちは)河原礼佳です。今回はモンゴル料理についてお話したいと思います。まず少しだけモンゴル料理のご紹介コーナー。ハーイ(‘ω’)ノ

 ということで、まず料理に使う羊肉を準備しましょう。
① (1)

そうですね~。ここからですね~。まず解体しますね。そして骨を外しますね。肉を挽き肉(手切り)にして作る料理は3種類あります。

②

■Бууз(ボーズ)/(写真上)モンゴルの蒸し餃子
 小麦粉(主に中力粉)に水を入れてこねます。水の量は生地が耳たぶ位の固さが目安です。生地がまとまったら少し休ませます。中身の具材は挽き肉に、塩・胡椒で味付けし、薄く小さく伸ばした生地に包み、蒸し器でグォオオオーと蒸します。作る人によって少し玉ねぎを入れたり、醤油で味付けしたりと様々です。

■Банштай шөл(バンシュタイ シュル)(写真左下)モンゴルの水餃子のスープ
こちらはБууз(ボーズ)よりサイズは小さく、包み方も少し違います。なのでБанштай(バンシュが入った)Шөл(シュル=スープ)という名前になります。
スープは肉と野菜が入ったスープ、またはСүүтай цай(スーテイ ツァイ=茶葉を湯で沸かし、牛乳・塩・バターで味付けしたもの)に入れて食べることが主流です。

■Хуушуур(ホーショール)/(写真右下)モンゴルの揚げ餃子
 ホーショールも基本的な作り方は、Бууз(ボーズ)・Банш(バンシュ)と同じですが、油で揚げるため形を平らにして作ります。


続きまして、

③

■Цуйван(ツォイワン)
Бууз(ボーズ)の生地をうす~くまる~く伸ばし、一度フライパンで焼きます。それを細く切って、肉や野菜と炒めて醤油で味付けします。モンゴルの焼きそばと言いましょうか・・。

④

■Шарсан мах(シャルスン マハ)/(写真左)
■Чанасан мах(チャナスン マハ)/(写真右)

・Шарсан мах(シャルスン マハ)は「焼いた肉」という意味。基本的には羊肉を使いますが、牛肉を使うこともあります。
・Чанасан мах(チャナスン マハ)は「茹でた肉」という意味。こちらはモンゴルを代表する伝統的な料理になります。香辛料は使わず塩だけで茹で、ナイフで削いで食べます。ワイルドだろ~!もちろんゆで汁も飲みます。

Шарна(シャルン)かЧанана(チャナン)。焼くか茹でるか。
あなたならどちらを選ぶ?( ´∀` )

 ということで、まだまだモンゴル料理をご紹介したいのですが、ここで私自身が感じたモンゴル料理について自問自答したいと思います。ハイッ
⑤


((その1))なぜ野菜をあまり食べない、苦手が多い?
 -モンゴル人の生活は馬と家畜に支えられ、家畜を育むのは牧草であり、モンゴル遊牧民は大地を尊重している。だから畑を耕さないから野菜がなかった。(厳しい気候ということもあります)ということらしいです。そのため野菜に接する機会があまりなかったため、野菜をあまり食べないという食文化になったみたいです。

((その2))なぜモンゴル料理は油の量が・・摂取量がすごい?
 -冬が長く最低気温-40度にもなる国なので、寒さに負けない蓄え大事でしょ!!と思ってます。それもあるかもしれませんが、特に油が多い料理は冷めにくい、保存が効くということも。家畜を綺麗に食べつくすこともここの食文化に大切なこと。

((その3))どうしてドンドゴビ県(私がいる場所)は牛肉高い、鶏肉高い、豚肉高い?めちゃ高い・・
-ドンドゴビ県は南の地方なので、砂漠地帯でありモンゴルをイメージする大草原はありません。たくさん草を食べる牛さんより、羊さんやヤギさんのほうが家畜しやすい。ここ数年で中国やアメリカから鶏肉が多く入ってきた影響もあり、牛肉の値段が上がったことも。
 鶏・豚は元々放牧されていなかった。(設備や人の世話が必要)ブタさんは水浴びする習性があるため、放牧に適さない。

((その4))どうしたら野菜料理を食べてくれる?
-強制はしません。(笑)時間のかかることだと思います。ここの環境や歴史と共に生まれた食文化ですので。

⑥


日本を離れる前に、「モンゴルの風になります!」と言って来ましたが、砂が目に入って今はまだ逆風ですね(笑)

でわでわ、失礼いたします( ´∀` )

タグ :

●●年に1度のコンクール●●

文と写真=相馬 円(そうま・まどか)
平成29年度2次隊 青年海外協力隊
職種:美容師 活動地域:トゥブ県ゾーンモド


こんにちは。職業訓練校の美容科で活動している相馬です。赴任してから半年経って、ようやくモンゴル人のおしゃれ事情も把握でき、サロンワークもスムーズにいくようになりました。ここモンゴルは美意識が高い女性が多く、少しでも手を抜くとすぐ指摘されてしまいます。(私の配属先だけかもしれませんが…。)その為、自分磨きもしつつ活動に励んでいます。今回は先日開催された、全国カットコンクールについて紹介したいと思います。

■全国カットコンクール
モンゴル国内において毎年1月に開催される、学生対象の1番大きいカットコンクールです。モンゴル国内の美容学校と、ロシア、韓国の美容学校の学生が参加し、自分の持てる全ての技術を活かし競い合います。
 主にカット部門、カラー部門、ブライダル部門、メイク・特殊部門、ウイッグ部門から各学校2名エントリー出来ます。テーマは部門毎にそれぞれあり、規定のルールが細かく設けられています。今回はどの部門にも、3色以上のグラデーションカラーを必ず取り入れることでした。エントリー者本人が、カット・カラー・スタイリング・メイクなど全て担当します。
 審査基準は、①カット・カラー・スタイリング・などのテクニック、②ヘアデザイン、③ビフォーとアフターの変化の度合い、④モデルとヘアデザインのマッチング、⑤全体のプロデュースなどが主になります。
 ちなみに、日本のコンクールだと、内容にもよるのですが、プロのモデルさんを使用することが可能で、全て1人で担当するのではなくユニット制で出場したり、競技中にアシスタントを使用する事が出来るので、少しモンゴルのコンクールとは違うのかなと感じました。
 今回紹介するカットコンクールは、学生対象のコンクールだったので、プロのモデルを使用していません。モンゴルには世界的に有名な、『ウエラ』という美容メーカーが首都ウランバートルにあり、ウエラ主催のコンクールだと、エントリーはプロ・アマを問わなかったり、モデルはプロのモデル使用が出来たりします。

■コンクール前の準備は何をするの? 

* イメージをデッサン
 * カラーリング
 * モデル探し
 * 材料を仕入れる
 * 衣装製作…など上記以外にも準備することはたくさんあります。

 テーマは1カ月前に通達され、事前に仕込みを全て済ませておきます。この1カ月の期間はどの学校も通常の授業はなく、全てコンクールに向けて時間を費やしていきます。これら全てを事前準備として済ませておかないといけないので、生徒達は毎日遅くまで練習に励んでいます。

■大会当日 〈午前10時から午後8時まで〉
 私は諸事情により最初から見る事が出来ず、夕方からの観戦になってしまいました。到着すると、まだ仕込みが終わってない学校もあり、舞台裏では自分の出番になるまで準備をしているところも多くみられました。

20180413_sawada_1.jpg
(会場の様子)

ギャラリーが多く、会場は熱気に満ちあふれていました。

■入賞作品

20180413_sawada_1.jpg
(ウィッグ部門)

鶴がテーマの作品です。3色以上のカラーを使い、ドライヤーで仕上げています。非常にクオリティーが高い作品でした。

20180413_sawada_1.jpg
(カラー部門)

この作品は事前にブリーチを施し、そこから色付けに入っています。デザイン性が高くテクニックも評価されていました。仕込みにかなりの日数がかかったそうです。
 
20180413_sawada_1.jpg
(ブライダル・メイク部門)

大会規定である、『3色以上』を取り入れたグラデーションが綺麗だったメイクです。学生に1番人気があった作品でした。

20180413_sawada_1.jpg
(ランウェイの様子)

  審査終了後モデルさんは、ランウェイを歩きます。ステージ上の演出やポージングも素晴らしく、観客は終始魅了されていました。また歌やダンスなどのパフォーマンスもあり、ショーをみているようでした。

■モンゴルのカットコンクール・写真だけでも伝わったでしょうか?
興味があれば、是非会場に足を運んでみては如何でしょうか。きっと感性やセンスが磨かれると思います。これを機会に、美容の世界をより深く知ってもらえれば嬉しいです。

タグ :

●●子どもたちが元気な理由●●

文と写真=澤田美沙(さわだ みさ)
平成29年度2次隊 青年海外協力隊
職種:障害児・者支援 活動地域:ウランバートル市


 こんにちは。バーサンオンラインに初めて投稿をします、澤田です。現在私は、ウランバートル市内の幼稚園を巡回し、障害のある子どもが在籍するクラスで活動を行っています。
 早いものでモンゴルでの生活も約半年が経ちました。ついこの前までは-30℃を下回っていたのに、3月に入ると急激に気温が上がり、春の訪れを実感すると共に時の流れの速さに驚いています。それにしても、1月や2月は本当に寒かったです。外を10分歩けばまつ毛や髪が凍り、まだ気候に慣れない私は、何度も風邪をぶり返してしまいました。
そんな寒さの中でも、子どもたちが元気いっぱいに過ごしている様子を見て、「なんてたくましいんだ!」と驚かされるばかりでした。

■たくましさの秘密
 私はこんなにずっと風邪を引いているのに、なぜこんなに寒い場所で子どもたちは元気に過ごしていけるのか。その秘密は、幼稚園で子どもたちと過ごす事で見えてきました。私が初めて幼稚園に訪問した際、びっくりしたことがあります。それは食事を摂る回数がとても多いことです。それでは、モンゴルの幼稚園が、どれだけ食事をする回数が多いかということを紹介したいと思います!

①朝ごはん
 子どもたちが登園し、身支度が終わると、まず必ずどの園でも温かい乳製品が出てきます。乳製品をモンゴルではцагаан идээ(ツァガーンイデー)「白い食べ物」と呼びます。
寒い外から登園したら、まずは温かいもので身体を温める!なるほど、ですね。
 メニューは日によってКаша(カーシャ)やсүүтэй будаа(スーテーボダー)と呼ばれる甘いミルク粥や、аарц(アールツ)という濃厚なホットカルピスのような飲み物が出てきます。
 特にアールツは「風邪を引いたら飲みなさい!」と、先生方に何度も勧められるぐらい、風邪によく効く飲み物だそうで、飲むと確かに身体が温まり、風邪の具合が良くなったように思えました。

20180413_sawada_1.jpg
「アールツ」


②午前のお茶の時間
 朝ごはんから1時間ほどするとすぐにまたお茶の時間。ビスケットを温かいミルクに浸しながらもぐもぐ。よく出てくるこの牛が目印のビスケット、私もお気に入りで良く買うオススメです。

20180413_sawada_2.jpg
「牛が目印のビスケット」


③お昼ご飯
 そのまた一時間後には、もうお昼ごはんです。子どもたちと一緒に食べていれば、この時点で「お腹空いた!」とはあまり感じないでしょう。お昼ご飯は必ず2食あります。1食目はшөлシュル(スープ)です。

20180413_sawada3_.jpg
「хөц будаатай шөл(麦ごはん入りのスープ)


20180413_sawada_4.jpg
「мантуутай хуургаマントータイホーラガ(蒸しパン入りの炒め物)


 モンゴルの食事は基本的に肉類が入っているため、どのご飯も見た目は茶色いです。みんな「お代わり」もしてよく食べる!

 お昼ご飯の後は、温かいジュースを飲みます。
さすが寒い国モンゴル。ジュースが温かいのです。私がとても気に入っているのがこの温かいジュースです。日本で言うならば、ホットレモンのような感覚で、日替わりで色々な味の温かいジュースが食後に出てきます。

20180413_sawada_5.jpg
「ブドウのジュース」


④午後のおやつ
 お昼寝から起きたら、すぐにおやつの時間です。大きなパンと共に、お茶もしくはホットミルクや飲むヨーグルト、というのが定番のメニューです。

 このように、4回ぐらい食事の時間があるモンゴルの幼稚園ですが、子どもたちは身体を温めるものや、乳製品や肉類を沢山食べることで、元気にたくましく過ごすことが出来ているようです。

■幼稚園の給食は美味しい!
 初めはなかなか食べ慣れないようなものもありましたが、食べ続けること半年、今では、シュル(スープ)が出てくると安心する自分がいて、毎回ありがたく頂いています。今回出てきた食事は、モンゴルを代表するようなメニューばかりですので、ご興味のある方はぜひ一度、モンゴルに食べに来てみては如何でしょうか?






タグ :

モンゴルの獣医療

文と写真=佃 拓磨(つくだ たくま)
2017年度2次隊 青年海外協力隊
職種:家畜飼育 活動地域:ウランバートル


 皆さんこんにちは。
家畜飼育隊員の佃です。職種は家畜飼育なんですが、モンゴルの大学の獣医学部に来ております。なかなか、モンゴルでは獣医療に関わる隊員が来ることはレアだそうなので、モンゴルの獣医について少し触れたいと思います。モンゴルに来てから日が浅いので、間違ったことを書いているかもしれませんが、あしからず・・・。

続きを読む »



タグ :

●●9月の僕の活動●●

文と写真=竹内寛貴(たけうち・ひろき)
2016年度3次隊 青年海外協力隊
職種:理学療法士 活動地域:ウランバートル市


 こんにちは!2016年3次隊理学療法士(以下:PT)として派遣されている竹内です。あっという間にの夏が過ぎ、今年は例年より早めに首都ウランバートルでは雪が降りました。季節の変り目、みなさんは体調を崩したりしていませんか?そんモンゴルのな急激な環境の変化の下、少し体調を崩した時期もありましたが、現在は普段通りに活動を行っています。と言っても、9月は普段の活動以外にも様々な事があったので、是非皆さんに紹介したいと思います。

■9月の様々な事って?
 9月は世界理学療法士連盟(以下:WCPT)が定めた「理学療法士DAY」が9月8日にありました。更に、今年はモンゴル理学療法協会がWCPTに加入して10周年ということで、9月21日には10周年式典も執り行われました。

 9月8日に行われた「理学療法士DAY」では病院のリハ科のスタッフが、我々PTの為にパーティーを開いてくださり、非常に感銘を受けました。日本ではお祝いをすることはないので、非常にいい経験でした。しかし、我々はただ祝ってもらうだけでは終われません。前日は、患者さんや家族を対象に理学療法についてのセミナーや、モンゴルの地方に建てられている家庭病院から栄養士を招いて、栄養指導や生活習慣病についての講座が行われました。今回、僕がセミナーで発表をしたのではなく、モンゴル人である同僚が発表する場となったので、非常にいい経験になったのではないかと思います。

20171027_takeuchi_1pg.jpg
同僚のセミナー発表写真


 9月21日に行われたモンゴル理学療法協会10周年式典には、モンゴルの理学療法協会の立ち上げや、モンゴルのPT育成に長きにわたり携わってきた、群馬大学の先生方が招待されました。式典では、モンゴルでのPTを含めたリハビリの必要性や、今後の方向性ついての講演などがありました。僕自身も、この式典に参加出来たことで、学びがとても多く、大変有意義なものとなりました。

20171027_takeuchi_2.jpg
群馬大学教授、当院副院長との記念写真


 さらに、この他にも9月22、23日に渡り、全国神経学会が私の配属先で開催され、23日に参加させていただきました。
 これまで、ソロンゴの会(モンゴルの医療隊員によって構成される会)や全国PT学会、当院の医者からの依頼などにより、僕達ボランティアがセミナーを開催する側に立っていましたが、セミナーを受ける側になることは殆どなかったので、新鮮味を感じました。また、自分の専門外である、モンゴルの看護方法などもセミナーで見ることができたので、非常に勉強になりました。

20171027_takeuchi_3.jpg
セミナーの様子


■普段の活動についても少しばかり!
 もちろん9月も普段の活動は行っています。僕に求められているものの一つとして、PTの技術、リハビリの質の向上があります。その為の活動を毎日行っているわけですが、みなさんはリハビリと聞いてどのような事を思い浮かべるでしょうか?

・筋トレ
・ストレッチ
・歩行訓練

などなど、一般的なイメージはこれらが先行してくるかと思います。

 では実際にはどういうことかと言うと、、、
 上記した筋トレ、ストレッチ、歩行訓練などに加え、様々な運動を行い、麻痺などの身体的な障害を持った患者さんの生活行動能力(一人でベッドから起き上がる、トイレに行く、ご飯を食べる、お風呂に入る、歩いて家の外に出る、など)を向上させ、自宅復帰・社会復帰などのお手伝いをしている仕事です。または、残存する運動機能(脳卒中等になっても麻痺を起こさなかった手足の力など)を低下させないため、日常生活を人間らしく暮らすための指導などを行っています。
(補足:今後はモンゴルのPTも、病気にならないよう未然に防ぐという考え方である「予防医学」についての知識を身に付けていくことが必要であると感じています。)

 その為には、患者さんの病気の事を把握していくための適切な評価(問診から検査データ・レントゲンなどの確認、または、PTが行う筋力検査など)を行っていく必要があります。
 ちゃんと評価が出来ないと、間違った運動を行ったり、患者さんを危険にさらしたりします。一歩間違えば、患者さんの命を奪う可能性もあります。

そして、この適切な評価能力が、今一番活動先のPTに必要なスキルだと感じています。

と言うことで、9月は私自身も患者さんのリハビリを実施していきましたが、それと並行して同僚に評価の大切さや評価方法、画像の見方などの指導をしていきました。

20171027_takeuch_4.jpg
同僚に指導中の写真


 まだまだモンゴルのPTは発展途上にある段階で、カッコいい手技など目新しいことにとらわれがちですが、基本をもっと大事にしてほしいと感じています。そして、僕の行ってきた事が少しでも、これからのモンゴルの医療の発展に繋がるよう、自分の持っている知識はしっかりと伝え、残していきたいと思う今日この頃です。

以上、9月の僕の活動についての記事でした。





タグ :

| ホーム |