このWebサイトについて

バーサンオンライン編集部

 モンゴルJICAボランティアが自分たちの活動や生活を記事として隔週金曜日に更新し、隊員目線でモンゴルの今を伝えるサイトです!
 БААСАН(バーサン)とはモンゴル語で「金曜日」という意味です。


詳細は こちら をご覧ください。

最新記事

カテゴリ

 隊員活動  (111)
   -  教育分野  (28)
   -  医療分野  (14)
   -  社会分野  (9)
 隊員生活  (69)
 モンゴル文化  (7)
 モンゴル情報  (40)
 Монгол хэл  (0)
 隊員・エディター紹介  (1)
 その他  (35)

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【2件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【3件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【3件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【4件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【5件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【5件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【5件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【4件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【5件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【5件】
2014年 07月 【4件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【10件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【7件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【16件】

リンク集

時間と天気

日本国旗 - - モンゴル国旗

ご意見・ご感想・お問い合わせ

モンゴルと日本の違いって何?モンゴルに来て驚いたことは?

文と写真=後藤昭彦(ごとう・あきひこ)
平成28年度1次隊 青年海外協力隊
職種:小学校教育 活動地域:ドルノド県チョイバルサン


 みなさんこんにちは。28年度1次隊の小学校隊員の後藤昭彦です。
 以前チョイバルサンの隊員宅でご飯を食べていた時です。ある隊員の携帯のLINE電話がけたたましくなりました。「やぁ元気?」そんな会話から始まったかと思います。そして、日本にいる友人から「モンゴルどう?何かビックリしたことある?」と聞かれたのです。その場にいる5人の隊員であれこれ考え、モンゴルでのビックリ話を繰り広げました。その時、気づいてしまったのです。初めの頃は「え????!!」と思っていたことも、最近は「まぁぁ、そうだよね」と慣れてしまっている自分に…。モンゴルに来て早1年が経とうとしています。ここらで、モンゴルのビックリ出来事を記録しておきたいと思います。

続きを読む »



タグ : 隊次 281/ 職種 /小学校教育 地名 ドルノド県チョイバルサン

●『名づけ』という重役●

文と写真=山﨑香葉子(やまざき・かよこ)

平成27年度3次隊 青年海外協力隊

職種:青少年活動 活動地域:トゥブ県ゾーンモド市


 こんにちは。27年度3次隊の山﨑香葉子です。
 日本はもう暑い季節でしょうか。モンゴルは4月に入ってから吹雪く日もありましたが、ようやく暖かくなり、過ごしやすい季節になりました。
 私は、首都ウランバートルから南東に40Kmほど離れた場所にある、トゥブ県ゾーンモド市の日本語教室で日本語を教えています。教室には大人から子供まで約40名生徒が通っていますが、教室の子供たちから最も多い要望が、「日本の名前がほしい!先生、日本の名前つけて!」というものです。
 そこで今回は、モンゴルの子供たちにプレゼントした「日本の名前」についてお話したいと思います。
 なんでもいいのであればすぐにつけてしまいますが、やはり「名前」には、その子供への思いを込めた名前をつけたい!日本でもそうですが、両親から頂いた名前には様々な想い・願いがあると思うので、私流の『名づけ』は、まずは子供たちのモンゴルの名前を日本語訳するところから始まります。

■モンゴルの名前
 モンゴルでは本当に同じ名前の子供が多いと感じます。例えば、「ヒシゲ」「アズジャルガル」「ノミンエルデネ」「ムウフスレン」「ボロル」「トラガ」。私の教室にも同じ名前の子供が多く、混乱してしまうので「大きいトラガ」「小さいトラガ」と呼んでいます。(年齢的な表現です。)
 そしてモンゴルの名前にも日本と同じように一つ一つ意味があります。
「アズジャルガル」=「幸運」「幸せ」
「ボロル」=「水晶」
「ムウフスレン」=「望み」「希望」
「エルデネ」=「宝物」
このように、真の由来はまたそれぞれ違うかもしれませんが、素敵な意味を持つ名前が多いです。こう見ると名前は、その子への想い・願いが最も表現されているものだなと感じてしまいます。だからこそ、やはり日本の名前を付ける上で、一人一人ちゃんと考えたい!!!私は、このモンゴルの名前の意味・由来をベースに、一人一人日本の名前を考えていきます。

■紆余曲折しながらたどり着く日本の名前
上記したように、まずはモンゴルの名前の意味をベースに考えていきます。

例1.「バヤルデルゲル
「バヤル」は直訳で「幸福」や「喜び」などの意味。「デルゲル」は「咲き誇る」「広がる」などの意味。もちろん、直訳のままつけるわけにはいかないので、その子供の性格も考えます。
この子はとても明るくいつもみんなの中心になる子。これからもその明るさでみんなを楽しませてほしいという願いを込め、『まつり』に決定しました。

例2.「エルデネ」
「エルデネ」とは日本語で「宝石」「宝」という意味です。
さすがに「ほうせき」「たから」とつけるわけにはいかない…。さあ、どうする。
ここから私の連想ゲームがはじまる。
「宝石」…両親が子供を想う気持ちかな。もしかしたら宝石のように輝く子供になってほしいという願い…?
この子は、大人しい子ではあるけれど真っ直ぐ目を見て話し、純粋な心を持つ優しい子。
宝→宝石→ダイヤ?(ギラギラし過ぎている)→水晶(お。透き通った綺麗な心!)
いつまでもその純粋できれいな心を大切にしてほしい。という願いを込め「水晶」から漢字を取り『晶子』(しょうこ)と名付けました。

例3.「ツェベルマー」
 この子の名前はモンゴル語ではなく、サンスクリット語からきているということで、意味を知ることが出来ませんでした。(モンゴルではよく名前をチベット語やサンスクリット語からつけることがあるようです。)
 この子はとにかくいつもニコニコしていて、お喋りさんで本当に明るい子。この子の笑顔に救われる人がこれからきっといるはず!その想いを込めて『笑子』(えみこ)とつけました。

■名前をツールに
 毎回名前をつける際は、辞書を片手に苦悩します。ましてや日本語には漢字があり、どの漢字をつけようかとまた悩まされます。しかし、名前を考える時間はその子だけを思い、考えることのできる時間。そして、子供に名前を伝えた時に「ありがとう」と言いながら笑顔でノートに書き写す姿を見られる瞬間は本当に幸せです。
 「ただ名前をつけるだけ」ではなく、名前を考える時間、名前を呼ぶ瞬間、子供が自己紹介で日本の名前を言った瞬間は、「名前」一つで、私と、生徒との「繋がり」を強く感じられる一つのツールでもあります。
 子供たちにはこれからも、この「名前」を大切にしてもらえたら嬉しいですね。
そして私も日本へ帰って、同じ名前の子を見つけた時、モンゴルを思い出すのでしょう。
タグ : 隊次 273/ 職種 青少年活動/ 地名 トゥブ県ゾーンモド市

●●音楽発表会×よさこい●●

文と写真=高橋 冴(たかはし・さえ)
平成27年度3次隊 青年海外協力隊
職種:音楽 活動地域:ゴビ・アルタイ県アルタイ市


 モンゴルにいる協力隊員の中で最も西で活動している高橋です。
 今回も、私の配属先であるゴビ・アルタイ県第一学校の音楽発表会より、『よさこい』についてお送りします。
 1週間後に迫った発表会。異文化交流による珍事件は続きます。

■音楽発表会に向けて
 モンゴル人は基本、派手好きという印象です。
学校の音楽発表会といえど、本気!もちろん衣装もばっちり作りたい!
先生方や保護者が協力して、衣装を全部手作りする姿には本当に頭が下がります。

 「よさこいの衣装も作らなくちゃ。」と言う同僚に、「よさこいはTシャツに黒のパンツ、その上からハッピを着ればイイよ。」とハッピの写真をいくつか見せ、家庭科の先生とも打ち合わせをしました。
 本番1週間前、「衣装が完成した」というので見に行くと…生地が厚い!ご丁寧に裏地までついてる!打ち合わせの段階で生地についてまで言及しなかった私のミスと反省しました。

ハッピというより『ちゃんちゃんこ』とか袖のない『半纏』みたいでした。

家庭科の先生に、「さえ、どう?」と聞かれました。
20人分のハッピを作り、疲れた表情の先生。しかも本番1週間前。
「これはハッピじゃない。」とはもちろん言えず、「すごくイイよ!大変だったでしょ?本当にありがとう。」と満面の笑みで答えました。
さて、ここからも面白ハプニングがありました。
実際に踊る子たちにハッピの着方を教えている時のことです。
生徒A:「モンゴルでは、帯をココ(右の腰骨辺りを指しながら)で結ぶのがカッコイイの!」
私:「ハッピの帯は真ん中で結ぶの。」
生徒A:「え~。モンゴルではここで結ぶのがイイのに~。」
私:「よさこいは日本のダンスでしょ?」
納得しない生徒、再びよさこいの動画や写真を見せながら、
私:「ほら。みんな真ん中で結んでるでしょ?」
生徒B:「これは日本のだから。」
生徒A、しぶしぶ納得。

生徒C:「ハッピの下は黒の長袖Tシャツでしょ?」
私:「半袖か袖なしがイイよ。色も白の方がこのハッピと合ってる。」
生徒D:「半袖なの!?長袖でいいでしょ~?」
私:「よさこいは夏祭りの踊りなの。夏に長袖着ないでしょ?」
生徒C:「え~。半袖はイヤだ。」
生徒D:「長袖にしようよ~。」
私:「ダメ~。よさこいは夏の踊りだから。」
 その後も本番当日まで、Tシャツは半袖か長袖か、白か黒かの論争は続きました。
 
続いてハチマキ。
1人の生徒が、眉毛が隠れるくらいの位置で結ぼうとしていたので、
私:「日本のハチマキはこうやって眉毛の上で結ぶの。眉の上から真っ直ぐ結んでも良いし、前髪の生え際辺りから斜めにしてポニーテールの下で結んでも良いよ。」と指摘。
生徒A:「え~!モンゴルでは…。」
私:「日本だから!」
 どうやらモンゴルでは頭に何かを巻く際は、ほとんどおでこが隠れるようにするらしく、お年頃な生徒たちにはおでこを出すのは恥ずかしかったようです。

いつもオールバックでポニーテールにしているのに、今更おでこを出すことの何が恥ずかしいのか、私には最後まで解りませんでした。

■4/14、4/16 音楽発表会当日

20170526_Takahashi1.jpg
全員合唱で始まり、全員合唱で終わる。


 学校の音楽発表会と、侮ってはいけません。

14日は4回公演!16日も2回公演!
伝統楽器による合奏あり、モンゴル舞踊あり、ソロでの歌あり、ダンスあり、中高生約300人による盛りだくさんな発表会でした。
自分が教えた生徒たちの出番以外、私は舞台袖や客席から舞台上の様子を眺めたり、撮影したりしていました。その一方で、3人の同僚(音楽科の先生)はずっと動き回り、生徒にゲキを飛ばし、お手伝いの先生方に指示を出し、ホールの人と打ち合わせ…その働きっぷりには脱帽でした。

20170526_Takahashi2.jpg
出番前の舞台上。みんなでパシャリ


20170526_Takahashi3.jpg
もうすぐ出番!舞台上で待機中


 全6回の公演でしたが、最後の最後まで帯の結び方・ハチマキの巻き方に『モンゴル流』を取り入れてくる生徒たち。毎回、無言で結び直してやりました(笑)
 いつもは元気いっぱいな生徒たちも、1日4回公演は徐々に疲れがたまってきているようでした。特に、よさこい以外にも出番のある子は後半、本当に辛そうでした。
 しかし、本番に強いモンゴルっ子たち!舞台上では最後までステキな笑顔で踊ってくれました。

20170526_Takahashi4.jpg
本番!


20170526_Takahashi5.jpg
最後のキメポーズ!


 発表会や演奏会など、何か本番がある度にモンゴル人の底力には驚かされます。

「もっと前々から計画的にやれば楽だろうに…」とは思いますが、間際で一気にやってしまう、それで本番に間に合い、尚且つそこそこ出来ている、そのようなやり方がモンゴル人には合っていて、逆に計画的にやろうとするとダメなのかもしれないと思えるようになった、15ヶ月目です。
残りはたったの8ヶ月しかありませんが、モンゴルに合ったやり方を模索しつつ、音楽に触れて笑顔になる子を増やすため、頑張りたいと思います。
タグ : 隊次 273/ 職種 音楽/ 地名 ゴビ・アルタイ県アルタイ市

●●音楽発表会×よさこい●●

文と写真=高橋 冴(たかはし・さえ)
平成27年度3次隊 青年海外協力隊
職種:音楽 活動地域:ゴビ・アルタイ県アルタイ市


 モンゴルにいる協力隊員の中で最も西で活動している高橋です。

 モンゴルに来て早15ヶ月…周りのモンゴル人ともようやくスムーズなコミュニケーションが取れるようになってきました。
現在私は、ゴビ・アルタイ県第一学校に配属され、『音楽の先生』として活動中です。
モンゴルでは4年ほど前から日本に倣い、小学校3年生からの音楽の授業にリコーダーが取り入れられています 。
第一学校でも、私が赴任する1年前からリコーダーの授業が行われています。そのため、日々の活動の大半は3~5年生の授業に同行し、同僚に対して教科書にはない楽譜の提供や指導方法の提案です。。

そして第一学校では、毎年4月に学校市の文化ホールを借り、学校を上げての一大イベントであるの『音楽発表会』が催されています。

その準備は新年度初めの9月から始まるのですが、昨年度から校長先生に「日本のダンスを子どもたちにやってもらいたいから、サイハナー(同僚:ダンス専門)と一緒に教えてくれ。」と言われておりました。

■私×ダンス
学生時代を思い返してみてください。
音楽の授業にダンスってありましたか?
そう、ないんです。私には専門外の分野です。。。
自分ができて、尚且つ日本っぽいダンス…と考えた結果 『よさこい』に決定!!
現在では、北海道の『ソーラン節』と融合し『よさこいソーラン』として全国的に有名ですが、元々 『よさこい』の発祥地は高知県。高知県出身の私も、小学生の頃は学校や子ども会で毎年踊っていました。

■『よさこい部』始動!
 高知県庁おもてなし課の方々にご協力いただき、鳴子(よさこいには必須な楽器。両手に持ってカチャカチャ鳴らしながら踊るもの)をそろえ、曲を決め、昨年の10月から8年生(中学2年生)を中心に『よさこい部』がスタートしました。
 「私の郷土の踊りで、毎年、夏のお祭りでたくさんの人が踊ってて、高知県だけじゃなくて他の県にもよさこいチームが存在してて、日本で有名で… 」と拙いモンゴル語で生徒に説明したのですが、ピンとこないのかほぼ反応はありませんでした。
 しかし!最後に言った「よさこいは『良いこと、幸せ来い』って意味なんだよ。」に対しては「へぇ~。すごいね。」「良い踊りなんだね。」等々、たくさんの反応があり、素直に嬉しかったです。

20170519_Takahashi1.jpg
『よさこい』DVD鑑賞。みんな食い入るように見てくれました。


■数々の難関
 練習を始めてみて、「国や地域によって、得意な動きってあるんだな。」と思いました。
 どの国、どの地域の伝統舞踊も日常の動きをモチーフに作られていることのが多いのです。
高知県の伝統舞踊『よさこい』の動きはモンゴルっ子たちにとって難しかったようでした。
 最初の難関は『中腰』でした。

和太鼓・餅つき・薪割り等々で見られる、足を肩幅に開き、軽く腰を落とす『中腰』。
この姿勢を長時間維持するのは日本人でも辛いことですが、日本人なら誰でもなんとなくできるであろう『中腰』がモンゴルっ子たちには難しかったようで…内股だったり、足を開きすぎていたり、そもそも腰を落とせていなかったり…etc…
 『静と動』も難関でした。
動くところと止まるところのメリハリがよさこいの美しさ、魅せ方だと思っている私。
対して、全ての動きを流してしまう生徒たち。一緒に教えている同僚も動きを流しがち。
 これまで見たモンゴル舞踊を思い返してみても、確かにピッ!て止まる動きはなかったように思います。
苦手なんだと認識しつつも、根気よく要所要所で「とまれ!」を言い続けました。

20170519_Takahashi2.jpg
やりきれない中腰


20170519_Takahashi3.jpg
ここキメなのに…


 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 『よさこい部』の珍事件、発表会当日までまだまだ続きます!
 次週、『準備~発表会当日編』も読んでいただけると幸いです。
タグ : 隊次 273/ 職種 音楽/ 地名 ゴビ・アルタイ県アルタイ市

●●スーパーマーケット事情●●

文と写真=本城梓(ほんじょう・あずさ)
平成28年度1次隊 青年海外協力隊
職種:音楽 活動地域:ドルノド県チョイバルサン


 こんにちは。チョイバルサンの小学校で、音楽を教えています。モンゴルの生活にも慣れ、ゆったりとした時間を楽しみながら活動しています。
 さて、皆さんは海外に行く時に、楽しみにしていることって何ですか?食事やアクティビティ、観光など色々あると思いますが、私はその国のスーパーマーケットに行くことが好きです。日本とは違う品揃えやディスプレイで、面白いです。それでは、チョイバルサンのスーパーマーケットをご紹介したいと思います。

■コンビニ?スーパーマーケット?
 スーパーマーケット(以下、スーパー)はだいたい朝9時から夜9時までの営業です。モンゴルにはスーパーの他に、デルグールと呼ばれる、コンビニのような小さなお店もあります。デルグールは朝7時半頃から開いています。夜も10時くらいまで営業しているので、(店によったり、日によったりでまちまちですが。)便利です。そこでもちょっとした生活用品や食料品は買えますが、やはり値段は少し高めなので普段の買い物は、スーパーに行きます。
 チョイバルサンには、いくつもスーパーが点在しており、私の家から徒歩2分程度のところにもスーパーがあります。また10分歩けばもう一軒あるので、スーパーのはしごも可能です。

20170512_honjyo3.jpg
デルグール


20170512_honjyo2.jpg
スーパーマーケット


■はかってもらおう!
 スーパーに入ると、入り口付近にロッカーが設置されていることが多いです。万引き防止のためでしょうか。手提げ袋や他の荷物を持っていると、店員さんに「ロッカーに入れなさい。」と言われます。ロッカーに鍵がないことが多いので、置いておくのも少し心配ですが、大丈夫です。一度も無くなったことはありませんよ!
 ほとんどの品物には、値段が表記されていますが、野菜や果物、肉などは量り売りの場合が多く、値段も表記されていません。なので、自分で必要な分だけビニール袋に詰め、売り場にいる店員さんに渡すと、秤ではかって、グラムを記入したシールを貼ってくれます。ところが、この時もグラムと商品番号を書いてくれるだけなので、レジに行くまでは一体いくらなのかわかりません(笑)。ですが、必要な分だけ購入できるので、使い切れず傷んでしまうこともなくて、いいですよね。

20170512_honjyo4.jpg
野菜、果物売り場


■ロシアのお菓子!?
 お菓子コーナーには、モンゴルのお菓子はもちろん、外国のものもあります。特にお隣の国、ロシアのお菓子はたくさん種類があります。ロシアのお菓子って、日本人からするととても珍しいですよね?日本でも売って欲しい!と思うくらい美味しいものが多いです。チョイバルサンに売っている、私のお気に入りのお菓子をいくつか紹介したいと思います。

①Wawel(ワウェル)のピーナッツ入りホワイトチョコレート!!
一粒が大きくて、一個で満足感を得られます。ピーナッツが香ばしくて、紅茶によく合います。25個ほど入って5,000トゥグルグ(約250円)位です。

20170512_honjyo5.jpg
Wawelのホワイトチョコレート


②Рулем (ロレム:すみません、ロシア語のため正しい読み方がわかりません。)のロールケーキ!
中のトリュフクリームが絶品です。甘いですが、お酒が入っており、少し大人の味です。一番上にはシュガーパウダーのようなものがかけられていて、それがまた美味しいんです。2,400トゥグルグ(約120円)位です。

20170512_honjyo6.jpg
Рулемのロールケーキ


③Baker House(ベーカーハウス)のトリュフ!!
これはもう写真の通り、とっても濃厚!9個入りで5,000トゥグルグ(約250円)程なので、少々お高めではありますが、その価値はあります!ちなみに、ココナッツがまぶしてあるフレーバーもあるのですが、そちらは甘すぎて微妙でした。

20170512_honjyo1.jpg
Baker houseのトリュフ


■スーパーでの出会いは、一期一会!?
 モンゴルのスーパーは、お店によって品揃えが全然違います。この間まではあった商品がもう入荷しなくなってしまうこともあります(悲)。また、「ここのスーパーにはなかったのに、あっちにはあったー!」など、スーパーに通っていると新たな発見があります。新商品を発見した時は、つい試してみたいと思い買ってしまいます。色々なスーパーを見比べてゆっくりお買い物するのはとても楽しいです。モンゴルに来た際は、スーパー巡りも楽しんでみてください。

タグ : 隊次 281/ 職種 音楽/ 地名 ドルノド県チョイバルサン

| ホーム |